紫外線

■ラ・ボーテのHPからの予約方法はお知らせをご覧ください。                    紫外線

肌と同様に、紫外線は髪にも大きなダメージを与えます。
夏はもちろんですが、意外と紫外線量の多い春先、秋冬でも長時間外にいる
ときなども油断できません。
帽子や日傘を使って紫外線を遮断してしまうのがもっとも簡単な方法ですが、
UVカット効果のあるヘアケア剤などもあるので、上手に使ってくださ。
ドライヤーのあてすぎ
髪をしっかり乾かすのはヘアケアの基本中の基本ですが、
ドライヤーのあてすぎは禁物。ドライヤーをあてる手順は、軽くブラッシングをしてからまりをとることと、ドライヤーの風は根元を中心にあてることを心がけて。
また、面倒がらずにきちんとブローをすることで、キューティクルが整って乾燥しにくい髪になります。 CMCを塗布した後丁寧にコーミングを繰り返しします。
これでツヤ、手触りがよくなるのが特徴
ドライは10%からクセの強さでドライで調節。
仕上げは100%ブロードライで。
CMC2倍塗布コーミングします最高の仕上がりは完全ドライが。
ドライ後最高のツヤ、定着を・・・・。
ハリコシが出すぎの髪質は・・・・。髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。
■髪の状態 毛先の乾燥があります。クセは強いです。
■前処理 毛先はCMC+Tダメージの補修保護
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~多目塗布~白くなるように塗布
■放置時間 自然放置55分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。
CMC(細胞膜複合体)
髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ゴワゴワ感はCMCが失われている証拠です
このCMCを集中的にケアして、髪本来の潤いや輝きを取り戻すためにキューティクルの表面の保護膜を補給し、ダメージを集中的に補修、改善、毛髪内部のマトリックスの流失を防ぎましょう。
まず毛髪は、
約80%のたんぱく質(PPT)と 約5%の脂質(CMC)と約12%の水分で構成されています。
今までのケア剤はたんぱく質(PPT)主剤のものが主流でしたが、
5%の脂質、細胞膜複合体(CMC)が重要な働きをすることが分かってきたので。
エレカラクトン 熱の力を利用ダメージの保護髪の補修
ペセリア リピジュア 髪の水分量を改善 ハリ コシの回復
ビタミンC PHを弱酸性に アルカリ除去
使い方

 

関連記事

  1. 2月はもっとも乾燥する季節!

  2. ドライヤーの使い方を再確認しましょう。

  3. 湿度不足は、

  4. 頭皮の皮脂ケア

  5. 髪はパッと見た感じではそこまでクセは強くないですが、

  6. 日本は砂漠より乾燥している。