髪の紫外線2

髪の紫外線2
髪の退色
紫外線にあたって髪が日焼けすることで起きます。
紫外線は毛髪の内部にあって毛髪を黒くしているメラニン色素を分解してしまいます。
で元の髪の色が赤茶けてしまいます。
枝毛、切れ毛も多くなります。
紫外線はキューティクルにも大ダメージを与えます。
毛髪のはタンパク質で出来てアミノ酸のシスティン結合によって成り立って紫外線を受けるとこの結合が分解しまいます。
それによって髪の表面のキューティクルがはがれてしまうのです。
そして内部が乾燥して枝毛、切れ毛になるのです。
パサつき、ごわつきが起きるのも紫外線がいけないのです。
いかがでしょうか?                                           髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。
■ハイダメージ・ポーラス毛は(内部補修・保湿剤CMC塗布後ドライ)後クレンジングシャンプー
■髪の状態 毛先が乾燥しています。アイロンの痛みがあります。
■施術方法 サラサラコース
■前処理 炭酸泉で素髪の状態にします。
毛先はCMCバランス+エブトリでダメージの補修保護
中間CMCB アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 CMC(PHの調整、残臭除去)
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
サラサラコース(CMCバランス塗布 毛先CMCバランス+エブトリ塗布)
保湿効果のあるCMCPベース塗布(アイロン・仕上げ時)
■毛先部分 CMCバランス+エブリー(10%塗布)
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~多目塗布~うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間 自然放置45分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。                               毛先はCMC+Tダメージの補修保護
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。

関連記事

  1. 髪が膨張しやすい梅雨

  2. アイロンと縮毛矯正。3

  3. 施術の所要時間は。

  4. 正しいドライヤー(乾かし方ブログ参考にして下さい)

  5. アイロンと縮毛矯正。

  6. パサパサ髪からツヤツヤ髪にしたい