濡れた髪をとかすと切れ毛になりやすい。


シャンプー後濡れているときの髪はキューティクルが開いています。
キューティクルとは、髪の表面をウロコのように覆っているものです。
キューティクル髪の内部を保護し中にあるたんぱく質や水分が逃げないように守ったりします。
髪の表面にツヤを出す役割があるんです。
キューティクルが開くと髪に含まれる水分やたんぱく質が外に逃げやすくなったり外からの刺激
によって髪が傷みやすくなります。
シャンプーをした後に髪を自然乾燥ままの状態で寝てしまったりするとキューティクルが開いたま
まになりさらに枕と擦れ合って摩擦が起きるため髪はかなりのダメージを受けてしまいます。
またシャンプー後髪が濡れたまま寝るのは、頭皮にも良くありません。
枕にはたくさんの雑菌が、頭皮に雑菌が繁殖して、炎症やかゆみを引き起こす可能性もあります。
濡れている髪を梳かすことによるダメージ
シャンプー後に髪が濡れている時の方がくしが通りやすいのですがキューティクルが開いて最
もダメージを受けやすい状態です。
キューティクルは非常に壊れやすいためくしを通すことによってはがれたり傷ついたりします。
コームでとかしすぎてプツッと切れて切れ毛、パサつきや枝毛などのダメージにもつながります。

対策方法
長い髪はシャンプーをする時に髪が絡まりやしくシャンプーをする前の時にブラッシングをして
全体的にほぐしておくと良いでしょう。
シャンプーをした後は時間を置かずに出来るだけ早くドライヤーを使って髪を乾かしましょう。施術レシピ
髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。
■ハイダメージ・ポーラス毛は(内部補修・保湿剤CMC塗布後ドライ)後クレシャンプー
■髪のカウンセリング
髪の状態は・毛先の乾燥がアイロン使用のためです。かなり剛毛です。
施術コースは・しっとりコース(CMCベース 毛先CMCバランス+エブリートリートメント塗布 100/10%)
■エブリー1液塗布 塗布方法は毛先中心の塗布方法
前処理は・CMCバランス+粒子の細かいトリートメント(20%)
施術方法・根元~多目塗布~白気味に塗布
■放置時間(予備テスト用にロットを巻きます。1から1.5倍のカールがベストです。)
放置時間・自然放置55分
■アイロン方法・少し強め 毛先スルー
■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
■エブリーの縮毛矯正で艶感 しっとり感がアップされました。                       ★エブリーの施術方法・エブリー商品関係
<a href=”http://likuyu.jimdofree.com”>エブリー</a>

関連記事

  1. 傷んだ髪は自然乾燥は絶対いけません。

  2. 縮毛矯正後を長持ちさせるケアは

  3. 縮毛矯正後のシャンプーは。

  4. 紫外線で髪が!!

  5. 痛んだ髪を優しく治す正しいシャンプー 1

  6. 梅雨さあどうする?