髪が傷みだす温度って

髪が傷みだす温度って
髪は乾いている時は硬くなっていて結構強いのですが、濡れている髪、これはものすごく弱いのです。
濡れた状態である一定の温度(アイロン)を超えると髪は傷んでいきます。
熱によるタンパク熱変性、加水分解です。
水分と熱、もう一つ加えればアルカリこれは髪の蛋白質を溶解する。
濡れた状態での安全限界温度はどのくらいでしょう。
それは60℃です。(弱った髪はさらに低くなります)
弱った髪に高温アイロンは高ダメージになりますよ。
美容室に色々な機材がありますがだいたい60℃を最高温度と設定しているようです。
濡れた髪に60℃以上の加温は極端なダメージを進行させてしまうという事。60度であれば効率的に薬効作用だけを進める事ができるという事。↓続く

髪を守るヱブリーミズトにできる事
https://la-bote.com/archives/2599

ラボーテからのリンク情報
https://la-bote.com/archives/news/                                   ■髪のカウンセリング
髪の状態は・バサバサ毛 毛先が乾燥しています。
施術コースは・縮毛矯正「しっとり」コース
■エブリー1液塗布 塗布方法は毛先中心の塗布方法
前処理は・ベース塗布 毛先の状態で塗布量調節します。
CMCベース+エブリーエブリートリートメント (20%)
CMCバランス+粒子の細かいトリートメント(20%)
施術方法・根元~多目塗布~うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間(予備テスト用にロットを巻きます。1から1.5倍のカールがベストです。)
放置方法・ 2.タオルターバン後キャップで自然放置。
放置時間・ 自然放置45分
■アイロン方法・根元強め毛先ワンスルーアイロン
■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
■エブリーの縮毛矯正で艶・しっとり感がアップされました。

関連記事

  1. 縮毛矯正とカラーはどちらからやった方が良いのか。

  2. どのくらい施術の期間。

  3. 5月病は怖い

  4. アイロンと縮毛矯正。

  5. ダメージ毛1

  6. 美髪をキープ! 自宅でできる頭皮マッサージ