髪のきしみを防ぐためには

縮毛矯正・髪質改善まとめ
https://la-bote.com/archives/29127
高円寺のお客様は専用  https://la-bote.com/archives/440
営業時間・定休日・予約方法 https://la-bote.com/archives/533

髪がきしむのって
シャンプーのせい?
髪のきしみを防ぐためには
健康な髪はもともと弱酸性なんですが
キューティクルが閉じた状態の髪のpH値は、酸性に傾いています。
それがアルカリに傾くとキューティクルは開いてきしみます
つまり髪のきしみを防ぐには、
髪のpH値を弱酸性に保てばいいのですが、
そのためにはシャンプーの選び方にポイントがあるんです。
シャワーで濡らすだけで、
髪はアルカリ性に傾き少しギシギシする感触がします。
そのため、アルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻すためには、
弱酸性のシャンプーを使えばいいのです。
中には弱酸性のシャンプーが髪や頭皮に合わない人もいるかもしれません。ですからトリートメントやヘアオイルを使うことで、
ギシギシを軽減させるようにしたらいいと思います
髪のきしみを改善するためには、
シャンプーを見直すことが効果的です。

関連記事

  1. 市販の薬は、基本的に強いものがほとんどです。「サラサラ-W」…

  2. 冷房が髪の毛に悪い理由

  3. シャンプーの選び方ですが。「しっとり・サラサラ-W」コース

  4. 春先に起こりやすい髪トラブル2

  5. 扇風機で乾かすのはアリ?ナシ?

  6. 一杯のかけそば