ドライヤーの位置

ドライヤーの位置
髪表面にあるキューティクルは、
魚のウロコのような形状に重なり合っていますが、
濡れた状態で開き、乾くと閉じます。
美髪のためにはキューティクルをしっかりと閉じてあげることが大事なので、
完全に乾かしましょう。
実は、乾いたと思ってもまだ乾ききっていないことが多く、
後頭部に手をさしいれ、ヒンヤリとする感触があれば、
まだ水分が残っているということです。
そこからあと2分ほど。完全に乾き、
キューティクルが閉じると、
髪の手触りが一気にスルンと変わる瞬間があります。
それを感じられるか、よく確かめてみてください。
キューティクルは根本から毛先の方向に(上から下に)重なっています。
そこでドライヤーの向きも、上から下に向けてあてると、
綺麗に閉じて整い、ツヤが出るんです。
ドライヤーの風向き
ドライヤーの風は、上から下に向けて。
ツルときたら、
最後の仕上げで冷風です。
冷風もキューティクルをきゅっと閉じる働きをしますので、
冷風機能がある場合は使ってみてくださいね
全て乾ききってから、ブラッシングして完了です。

関連記事

  1. ベースメイクで

  2. 艶を出す、

  3. 水素結合はスタイリングなどの時に大切になります。

  4. 頭皮ケアで思いどおりの髪へ

  5. 縮毛矯正失敗のほとんどが、

  6. カラーリングは髪を傷めるの