自然乾燥が髪に悪いのは!

自然乾燥が髪に悪いのは!

髪の自然乾燥が髪に悪いのはなぜですかね。
髪が濡れた状態というのは、
髪の表面のキューティクルが開いていて、髪同士がすれ合
うことで摩擦が起きて、
とてもダメージを受けやすい状態となっています。
キューティクルが開いていると、
髪の内側にある水分がどんどんと蒸発していき、髪はと
てもパサついてしまうんですよね。
自然乾燥をした髪はぼさぼさになっていて、
後からドライヤーでブローをしてもなかなか
そのパサついた状態を改善できません。
髪が蒸発してしまった水分というのは、
後から補うことがとっても難しです。
で自然乾燥は髪に悪いと言われているのですよね。

関連記事

  1. 髪のまとまりが良くなる これは圧倒的に違います! 3

  2. ツヤ髪に導くために。

  3. 銀座でお会いしましょう。4月はお母様もご来店、楽しみにお待ち…

  4. 髪が思うようにいかない?

  5. 髪への摩擦、熱、紫外線

  6. 髪のツヤが減る原因