知っておかないと危ない、

知っておかないと危ない、

髪への紫外線は悪いとは?
髪は70%がシスチン結合を含むケラチンという
タンパク質でできています。
髪に紫外線を受けると、
大気中の酸素と反応(=酸化)
してキューティクルのシスチン結合が切れたり、
タンパク変性を起こして髪のタンパク質の構成が変わってしまいます。
このような髪は強度が低下して切れやすくなるので
紫外線にはご注意を!

関連記事

  1. シャワーの適温とは?2 逆に冷たい水は?

  2. “美髪”と言われるとは

  3. 5月病は怖い

  4. 髪綺麗

  5. 老けて見える??「しっとり・サラサラ-W」コース

  6. こんな髪でも?やっちやいます!