髪の毛に必要な水分

髪の毛に必要な水分

お知らせ
https://labote8.wixsite.com/labote

水分がしっかりと髪の毛に含まれていれば、
静電気を発生させることが無いですし
静電気を集まりにくくしてくれるんです。
水分がしっかりと書いているからといって、風呂上りに濡れた髪の毛が最高という
ことではありません。
全然意味が違います。
また濡れた髪をブラッシングするのは、髪の毛が痛む原因ですから、
絶対にやめてください。これが重要です。
そのようなことをすると、余計に静電気を集めやすいパサパサの髪になって
しまいますよ。
シャンプー後に
髪の毛はタオルドライでしっかりと水気を取った後、温風
可能なら冷風が適切で8割程度ドライヤーで乾かしてください。
痛みがひどい場合は髪にやさしい成分の馬油などをして、髪をとかしてしながら
冷風で仕上げてくださいね。
また、濡れている髪は
水分が髪に入るとキューティクルは開くことはご存じだと思います。
髪の表面にありウロコ見たいに覆っています。
これは髪の保護することで中のタンパク質が外に出ないように
また髪のツヤにも関係します。
キューティクルは髪が傷まないようにタンパク質、
水分を逃がさないようにする。
シャンプー後濡れたまま寝てしまうと枕でこすれて摩擦が起き切れ毛のも、
キューティクル開いたまま乾きますカサカサ髪になりますよ、
頭皮にもよくありません。頭皮に雑菌や炎症がおきますよ。
シャンプー後櫛でとかすのもキューティクルを傷つけはがれたりします。
シャンプー前のブラッシング、
シヤンプ―後のドライャーは素早くして下さい。

関連記事

  1. 自然乾燥による頭皮の痒みニオイ、4

  2. パサパサになってしまった髪の毛…

  3. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー

  4. 髪がきしむのは?

  5. くせ毛

  6. 質のいい睡眠を取る。「しっとり・サラサラ-W」コース