髪の毛のケアや予防法

髪の毛のケアや予防法
自然乾燥は髪に悪い!


シャンプー後の髪の自然乾燥はダメージになりますと言われますが。
又ドライヤーで乾燥させるのも、かなりの高温の熱風を髪にあてることになります。
そのため、髪にとってはかなりのダメージになるのではとも思います。
髪の自然乾燥とドライヤーでは、いったいどちらの方が髪に悪いのでしょうか?
自然乾燥が髪に悪いのは!
髪の自然乾燥が髪に悪いのはなぜですかね。
髪が濡れた状態というのは、髪の表面のキューティクルが開いていて、髪同士がすれ合
うことで摩擦が起きて、とてもダメージを受けやすい状態となっています。
キューティクルが開いていると、髪の内側にある水分がどんどんと蒸発していき、髪はと


てもパサついてしまうんですよね。
自然乾燥をした髪はぼさぼさになっていて、後からドライヤーでブローをしてもなかなか
そのパサついた状態を改善できません。
髪が蒸発してしまった水分というのは、後から補うことがとっても難しです。
で自然乾燥は髪に悪いと言われているのですよね。

■髪のカウンセリング
 施術コースは・縮毛矯正「サラサラ」コース
 髪の状態は
ダメージ:★★☆☆☆
クセの強さ:★☆☆☆☆
髪の強度:★★☆☆☆

関連記事

  1. 「幸せの2番テーブル」

  2. 教えて髪の話!

  3. 楽しいお時間でした。感謝です。

  4. 「傷んだ髪は治らない」

  5. 伝え方!!

  6. 髪が傷みだす温度って