梅雨 雨対策に縮毛矯正を。

梅雨 雨対策に縮毛矯正を。
縮毛矯正の頻度は人それぞれ。
くせのタイプや強さ、髪の長さやスタイルによっては梅雨前の一年に1回縮毛矯正をかける方もおります。
又、定期的にかけられている方は基本的に伸びてきた根元の施術できれいになれます。
毎回、毛先までかけるとダメージが進行しますのでリタッチがいいと思いますが
毎回毛先までかけられてる方もおります。
毛先の状態またはダメージ度合いで決まります。
カラーと同じように伸びてきたところのみのリタッチ技術があります。
縮毛矯正は髪に与えるダメージもあります。そこで
そのダメージをなるべく抑えることでリタッチ法という技術があります。
カラーでも色を変える必要がなければ根元のみです。
縮毛矯正も同じなんです。
縮毛矯正が適正にかけられていれば一度かけたところは半永久にストレートを保っています。
梅雨対策として縮毛矯正は年に1回です。
根元にはクセが出ていて、毛先の部分は1年前にかけた縮毛矯正がきれいに残ってます
毛先がパサついていますが保護としてバランス塗布でツヤを出します。
根元は優しくしっかり伸ばし、毛先はダメージを進行させないように保護です!
仕上がりは↓
このように縮毛矯正はリタッチが基本になります。
いつまでたってもきれいにならないのはなぜでしょうか。
ダメージ傷んだ毛先は切りながら伸びてきた根元のクセを伸ばしてダメージを最小限に抑えることできれいな状態を作っていく。
これがエブリーの基本です。
傷んだ髪を蘇らせたり元の状態に戻すのは不可能です!
傷んだ髪は年間を通じてきれいな状態を作っていきましょう!とお客様に説明しています。
毛先までボロボロになってしまったお客様を沢山も見てきました。
縮毛矯正をやるたびに傷んでいるいつまでたってもきれいにならない方ご相談ください。

■髪のカウンセリング
 施術コースは・リタッチ根元~多目塗布(ラップ法)
 髪の状態は
ダメージ:★★☆☆☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度:★★☆☆☆
 

関連記事

  1. 縮毛矯正かけたのに広がりが?

  2. 縮毛矯正失敗です。

  3. 最近は寒くなりましたね秋より冬が早いかな「縮毛矯正+カラー」…

  4. ヱブリー処理剤の施術例

  5. 髪質を改善しながらのストレート矯正

  6. すぐに取れてよけいにボサボサに