洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違いとは

洗い流すトリートメントと
洗い流さないトリートメントの違いとは

https://la-bote2.wixsite.com/la-bote お知らせメニュー 

洗い流すトリートメントはインバストリートメントは
シャンプーをした後に付けて洗い流すものです。


洗い流さないトリートメントはアウトバストリートメントは
タオルドライした髪に使います
簡単な使い方は、洗い流さないトリートメントのほうですよね。
どちらも保湿成分などが髪の毛に浸透し、
補修や保護をしてくれますが、
メインの役割が違います。
洗い流すトリートメントは髪の補修で
洗い流さないトリートメントは髪の保護がメインの役割なんです
どちらも使用することでより高い効果が有ります
洗い流すトリートメントは
トリートメントを浸透させる時間は5分〜10分です。
長時間つけすぎてしまうと、
洗い流すトリートメントの油分が必要以上に髪につき、
べたつき感が有りますので注意してください
洗い流さないトリートメントは
タオルドライ前に使用しない、大量につけすぎない、頭皮につけない
・タオルドライ前に使用しない
タオルドライせずに洗い流さないトリートメントを使用すると、
髪を保護するはたらきやダメージ補修の効果が弱まります。
シャンプー後は、必ずタオルドライしてください。
・大量につけすぎない
多すぎても少なすぎても洗い流さないトリートメントいけませんよ
適切な量の目安は髪の長さやトリートメントのタイプによって異なります
・頭皮につけない
洗い流さないトリートメントは頭皮につけるとべたつきやボリュームダウン、
又、使用量が多かったり、髪の根元からつけてしまうと頭皮について
しまうため、適量を毛先からつけるように意識してみてくださいね。

関連記事

  1. かえって髪が傷みます

  2. 髪のケアはシャンプー後に

  3. 美髪をつくるために

  4. 髪への負担を減らす

  5. 水の飲み過ぎに注意・・・

  6. 肌から水分補給はできません!3「サラサラ」コース