寝ているだけだけなんですが・・

寝ている間も髪は傷む??

ラインンでの予約ができます。

美容室LA-BOTE(縮毛矯正・髪質改善・専門店)
予約サイト https://beauty.kanzashi.com/labote

お知らせ(店舗案内)https://la-bote2.wixsite.com/sakura1951
メニュー     https://la-bote2.wixsite.com/la-bote

寝ているだけだけなんですが・・
どうしてですかね?


でも本当なんですダメージを受けているんですよ
寝ているだけでダメージ?
それはですね
濡れた髪なんです。
シャンプー後にきちんと乾いた状態でなく
濡れているままに寝てしまうと
キューティクルにダメージがおこるんですね
それでは髪のキューティクルとは
髪の毛は、髪の一番外側のキューティクルは、
厚さ約0.5~1.0μm程度(1μmは1mmの1000分の1)と薄く、
それが4〜10枚程度が重なっています。
また、濡れると柔らかくなる特徴もあるので、
濡れた髪のキューティクルは開いたり剥がれたりしやすくなります。
しっかり乾かしましょうね。
シルクの枕カバーなどを使うことも良いですね。
それと寝ている間の髪へのダメージを抑えるためにはまず
乾燥(しっかり乾かす)が大事です。
シャンプー後は髪をしっかり乾かす
髪のダメージを少なくするためには、まず「乾燥」が大事です。
濡れた髪をしっかりと乾かすようにしましょう
トリートメントやヘアパックなどをし、タオルドライをし
洗い流さないトリートメントで髪の保湿ケアをしてあげましょう。
寝ている間の髪の摩擦や乾燥を守ってくれます。
髪を早く乾かす
きちんとタオルで水分をとる
しっかりタオルで水気をとることでドライヤーで乾かす時間が
短縮されます。タオルでゴシゴシ拭くのはNG!
タオルで髪を挟むように髪の水分をとるようにしましょう。
キッチンペーパーを使う
キッチンペーパーで髪に挟むことで髪の水分を吸ってくれます
ドライヤーを使う時間が短縮されます。
就寝前にしっかりケアして髪への負担を軽減させましょう。

関連記事

  1. 髪のツヤが減る原因

  2. 夏の自然乾燥はトラブルがいっぱい!?

  3. 見極め力!!2

  4. シルクの枕カバーは。効果がすごい!

  5. 紫外線によるダメージ

  6. 皆さんは髪のPHご存じですか 1