カラーリング剤の中で最も危険な成分は?

カラーリング剤の中で最も危険な成分は?ヘアカラーに使われている酸化染毛剤の一つにパラフェニレンジアミンが。


このパラフェニレンジアミンは、アレルギー反応のアナフィラキシーを起こす可能性があるようです。
アナフィラキシーとは、
頭皮のかぶれ・炎症・湿疹などの皮膚の症状や呼吸器系の症状が、短い時間で一気にあらわれることです。
それまで大丈夫だったとしても、何度かカラーリングをくり返すうちにアレルギー反応が突然起こりうることもあります。
ヘアマニキュアに含まれるタール色素も危険性が高い成分です。これは旧厚生省が発がん性が疑われている成分でもあります。
ブリーチ剤に含まれる過硫酸塩も危険です。
この成分は、頭皮のかぶれや喘息などを引き起こす可能性があります。

広島の方です。お疲れさまでした。今回はサラサラコースでしました。

la-boteエブリーの自然な縮毛矯正
潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正
進化した矯正は髪の強度を図りツヤ・サラサラ・しっとり感を作ります。
■髪のカウンセリング
 炭酸泉で素髪の状態にします。頭皮の汚れ・髪の不純物を取り除きます。
 施術コースは・縮毛矯正「サラサラ」コース
 髪の状態は・クセは強く乾燥しています。
ダメージ:★★★★☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度:★★★★☆
■1液塗布(T 10%)
 前処理は・CMC+バランス+(CMC20%)保湿効果(しっとり感)
     ・バランス(100%)サラサラ効果+髪の強度を高める
 中間処理・バランス+CMC(10%)保湿効果+サラサラ感
 後処理・CMCバランス+(CMC20%)保湿効果
 CMC(髪の強度を上げる)
■ 施術方法・根元~多目塗布~うっすら白気味
■放置方法・自然放置。
 放置時間・自然放置50分
■プレーン後(アミケラ20%+トリートメント)
■アイロン方法・CMC アミケラ(3%)+バランス(20%)塗布後
 アイロン 根元強めワンスルーアイロン 
■仕上げ・CMC効果で髪のキーュテクルの補修 保湿効果
     疎水化トリートメント(髪の芯から強度を上げる+補修効果)
     CMC効果で髪のキーュテクルの補修 保湿効果
■艶・しっとり・サラサラ感がアップされました。

関連記事

  1. これからの季節は大変

  2. 縮毛矯正の失敗は全て?

  3. こんなことを!!

  4. 梳かれすぎているひとが多すぎる

  5. 最近アイロンの使用で傷んでいる方が多いので是非参考に

  6. ルフカラーがなぜ。