潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正

潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正
進化した矯正は髪の強度を図りツヤ・サラサラ・しっとり感を作ります。


■髪のカウンセリング
★プレシャンプーこの状態で髪のなかに残留している不純物をとります。
炭酸泉がない場合エブリーシャンプー2~3回ぐらいのプレシャンプー
★炭酸泉で髪についてる皮膜剤をとります。
★炭酸泉で素髪の状態にします。頭皮の汚れ・髪の不純物を取り除きます。
 (残留アルカリ、残留過水を取り除き髪をフラットな状態にしてあげる)
★PHコントロールで弱酸性毛に戻します。
★リカバリートリートメント+エブリートリートメント
★トリートメントの浸透促進のためミスト。髪にいいスチームです。
施術コースは・縮毛矯正「しっとり・サラサラ・W 」コース
髪の状態は・パサパサ毛
ダメージ:★★★★☆
クセの強さ:★★★★★
髪の強度:★☆☆☆☆☆
施術難易度:★★★★☆


■1液塗布1液塗布(エブリートリートメント 10%~30%)
毛先のダメージ毛は1液塗布(エブリートリートメント 30%~)
髪質・痛みの度合いでを(エブリートリートメント)混合します。
1.前処理は・リカバリートリートメント・スチームで前処理
2.CMC+バランス+(CMC20%)保湿効果(しっとり感が出ます)
3.バランス(100%)サラサラ効果+髪の強度を高める
4.CMCベース原液(髪の強度を上げる)
■ 施術方法
塗布は参考までに。  
3.根元~多目塗布~うっすら白気味手でスルー塗布
13.ハイポーラス毛 内部補修・保湿剤IN CMC塗布後ドライ後クレンジングシャンプー
■放置方法・放置時間・自然放置(50分)
(テスト用にロットを巻きます。1から1.5倍のカールがベストです。)
1.加温方法はタオルターバンキャップにてミスト使用。
5.ラップキャップで自然放置。
7.タオルターバンのみ。


■プレーン後
1.ヱブリートリートメント・ダメージの補修効果のトリートメント
2.リカバリートリートメント・傷んでトロ気味の髪にハリをもたす濃縮トリート
4.CMCベース(2倍液)
■アイロン方法
アイロン ワンスルーアイロン 根元強めの ワンスルーアイロン
■仕上げ・CMC効果で髪のキーュテクルの補修 
1.リカバリートリートメント・傷んでトロ気味の髪にハリをもたす濃縮トリート
2.リペアA B・タンパク質・水分・油分のバランスに戻すトリートメント
3.疎水化トリートメント(髪の芯から強度を上げる+補修効果)
5.CMCベース(2倍液)
6.エブリーミストミストの効果・毛髪を修復,ツヤサラ,強度回復効果,保水効果
■艶・しっとり・サラサラ感がアップされました。
使用薬剤
■ヱブリー全処理剤(各種)内部補修処理導入剤
■ヱブリー矯正剤
■ヱブリートリートメント・ダメージの補修効果のトリートメント
 リカバリートリートメント・傷んでトロ気味の髪にハリをもたす濃縮トリート
 リペアA B・タンパク質・水分・油分のバランスに戻すトリートメント
 エブリーミストミストの効果・毛髪を修復,ツヤサラ,強度回復効果,保水効果

薬剤
縮毛矯正は薬剤、アイロンが正確にです。
柔らかい薬剤を使うその分アイロンのパワーを強くしないといけません。またアイロンの温度が低い時は薬剤のパワーを強くしないといけません。トリートメン他をしているからとかは痛みの少ない髪にしている事ではありません。
綺麗な矯正は薬剤と物理的なバランスです。
矯正はある程度の髪のダメージもあります。前処理でダメージを最小限度にするのも大切です。
矯正の中にはダ―ジはありませんという言葉が。177
矯正には必ず痛みは存在いたします。そのダメージを最小限にとどめることが経験ではないでしょうか。
(新しい薬とか低温アイロンとか薬の種類とかトリートメンとか使うのでダメージはありません。)と・・
10人いれば10人とも薬剤の反応が違います。前処理剤も違います。
薬剤の反応も違います見極めが大切です。
ダメ―ジを最小限にまた失敗のない矯正が出来るのは経験ではないでしょうか。
縮毛矯正の失敗は全て?
必ずしもです。それは色々なシャンプー、オイル、その他が出ていますが髪の表面のコーティングで薬剤が浸透しにくいことがしばしばあります。日々になかで薬の浸透を妨げるものこれは間違ったケアです
髪の保護にトリートメントオイル、流さないトリートメントほかにもたくさんありますこれは油のコ―テング剤です。毎日付けますと蓄積されます。これは薬剤の浸透が悪くなりそれで矯正の失敗が。
一旦付いたものはなかなかとれません。
髪の毛は死滅細胞ですが蘇る事はありません。
出来るだけ縮毛矯正は失敗しない
失敗でお直しでもう一度という方がいますがこれはダメージが2倍と考えてください。余力のない髪になっていきます。
髪の毛は死滅細胞
一度傷んでしまったら元には戻らない
だからこそ最も傷む縮毛矯正には失敗は許されないのです。

関連記事

  1. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正

  2. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー「縮毛矯正+カラー・…

  3. エブリーの潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正

  4. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正『無駄なことをしない』

  5. びびびびびってなんか?潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正

  6. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正