人の人生に寄り添って

人の人生に寄り添って
素敵な親子の誕生日 37

・・・うん、はい、わかりましたやってみます。
メイクの準備にかかってから間もなく、おばあちゃんはすでに身体を横に傾
けて居眠りをはじめていました。
うわぁ、なんか、やりにくそう・・・・。
そう心でつぶやき、不安な気持ちをかんじながら、
おばあちゃん今からお化粧するね、きれいになるからね。
と語りかけ、
おばあちゃん」、お誕生日おめでとうございます。ところでいくつになったの
ですか?
たぶん返事はないだろうと思っていたら、なんと
六十と・・・、う~ん・・・・わしゅれたぁ・・・・と!?
聞き取りにくい、消え入りそうなちいちゃな声でありましたが、なんと
おばあちゃんが返事したんです。それはビックリしました。
えっ?!60ちょっとね。まだ若いねぇ、おばあちゃん。
おばあちゃんからの返事はありませんでいたが、歯のない顔でニコーっとし
ました。
すると、近くにいた息子さんがソーっと私のそばに来て耳元で、
じつは、今日で91歳になったんですよ。
ひえぇ~っ!91歳?!すっごーい元気ですねぇ~よかったね、おば
あちゃん。みんなに誕生日してもらえて・・・。
途中、先輩にブローを手伝ってもらいながら、自分にできる限り、一生けん
めいメイクしました。
そして、最後に口紅をつけていた時です。なんと、おばあちゃんがかすかに
目を開きました。そして、にっこりと微笑んだのです。
これには本当にビックリしました。
そして、

続く

関連記事

  1. 美容に寄り添う人の、人に寄り添う美容

  2. 涙のシャンプ― 31

  3. 涙のシャンプー

  4. その時私にできたこと

  5. 魂が求めていた仕事

  6. 私の仕事は 幸のおつかい