血液の届きにくい頭皮

血液の届きにくい頭皮
働きすぎで目の疲れやストレスで頭皮がゴリゴリしている方が。
髪の成長には沢山の栄養が必要にもかかわらず。
頭皮は血液が滞りやすい場所です。
頭皮は血液を送り込む心臓より上にあり、さらには動かすことが出来ません。
ストレスなどの影響で頭皮の血行が悪い方が沢山います。
体は生きていくうえで
心臓や脳など大切な部位から栄養が届くように出来ています。
髪はなくても生きていくことは出来ますから、栄養が届くのも最後のほうです。
沢山の栄養が必要なのに栄養が届きにくい場所が頭皮ですから、
頭皮マッサージは髪のトラブルを抱えている人だけではなく、美しい髪を育む為に取り入れて頂きたい方法です。

今回使用薬剤
■ヱブリー全処理剤(各種)内部補修処理導入剤
■ヱブリー矯正剤 CMCバランス・極小ナノサイズのトリートメントでサラサラ感が出ます
■ヱブリートリートメント・ダメージの補修効果のトリートメント
リカバリートリートメント・傷んでトロ気味の髪にハリをもたす濃縮トリートメント
リペアA B・タンパク質・水分・油分のバランスに戻すトリートメント
エブリーミストミストの効果・毛髪を修復,ツヤサラ,強度回復効果,保水効果
■ハイダメージ Fローション 矯正、ヘアカラー、等で傷んだハイダメージの髪には非常に効果的です。      塗布後ドライ
内部補修のこれにより、パーマカラーで内部より破壊流失したケラチンたんぱく質の代替え補給をします。
■髪の状態 多毛 毛先が乾燥しています。
■施術方法 しっとりコース
■前処理 中間 後処理 ヱブリー全処理剤(各種)
■塗布方法 根元~多目塗布 白気味に塗布
■自然放置 加温25分 自然放置 25分
■仕上がり しっとり感がが出ました。
毛先少しカットです。

今お使いの矯正薬のPHご存じですか?

お困りの方が多いですね。ガサガサ ゴムのように伸びて乾くとガサガサ ・・・・・
オーバー軟化の原因は(アルカリ剤のPHが関係してます。)
ヱブリーのお薬は髪のPHに近いお薬ですアルカリでは有りません。
還元剤と呼ばれる髪の毛のS-S結合を切断する成分とアルカリ剤と呼ばれるPHをアルカリ性に傾ける成分が配合
縮毛矯正ではこの還元剤とアルカリ剤が髪の毛に塗布されることで還元・軟化・膨潤この3つの現象がおきる髪が膨潤この時にファイブルが逃げます。
ファイブルは硬い繊維状の物です。
前処理、後処理に使うものです。
R1は小さなものでマトリックスに入り込みファイブルをしっかり引き締めてくれます。
R1を使うと矯正でも膨潤葉しますが過度の膨潤をとめ適度の髪を引き締めます。
R1施術に不要な過膨潤を防ぎマトリックスの流失を止めます。弾力のある髪にします。
また髪のコシ、色の良さ、ふんわり質感、手触りを良くします。
手触りが悪い縮毛の髪もサラサラ感が出ます。より質感の向上が望まれます。
アルカリ剤は髪の毛に塗布されることで還元・軟化・膨潤 この3つの現象がおきる
還元は還元剤でおきる起こります。
パーマや縮毛矯正で髪の毛クセを伸ばしたりするのには還元剤で髪のS-S結合を切り
アイロンで固定して2剤で再度S-S結合を再結合させるこれを酸化と言います。
縮毛矯正において還元剤でS-S結合を切る事を還元といいます。

関連記事

  1. 静電気って何。

  2. 2月のスタイル特集

  3. 縮毛矯正とカラーはどちらからやった方が良いのか。

  4. ビビリ毛修正の場合

  5. 髪の毛の静電気

  6. これからの季節は大変