どうして自然乾燥はダメなの?? 1 「しっとり」コース

★髪が綺麗になることを諦めていませんか?
くせ毛に悩まされている方は多いのではないでしょうか?
「私の髪はこうだから…」って。
大丈夫ですよ。本当に綺麗になりますから・・
ご予約について
施術メニューhttps://la-bote.com/archives/news/


どうして自然乾燥はダメなの?? 1 髪のダメージと頭皮の臭い?
『自然乾燥は本当にやめていただきたいです!』
と常々書いていますがそれについて詳しく書いていきます!
髪が切れる、切れやすくなる
シャンプー後の髪が濡れている状態とはどんな事。
髪が濡れると若干キューティクルが広がります。それは保護する役割のものがもろくなっている状態です
それは髪が濡れている状態とはとにかくダメージを負いやすい状態なんです。
髪は非常に摩擦に弱いんです。
濡れた手は滑りにくいように濡れている状態は摩擦による力をもろに受けてしまいます。


髪は細く死んだ細胞なんです。髪は神経などが通ってはいないんですがかなり摩擦を受けやすいんです。
髪同士のこすれ枕などによる擦れ、櫛やブラシなどの引っかかりなどなど乾いている時よりも大きなダメージを受けます。髪は熱に弱くなるんです。
乾いている髪は熱で耐えられる温度が大体110度ぐらいが限度で
濡れている状態だと約70度ぐらいまでしか耐えられません。
ドライの時に半乾きでアイロンをしてしまうこれが髪のダメージに繋がります。
髪は必ず良く乾かしてからアイロンを使用することが大切なんです。
乾かす必要があるのですが、実はドライヤーも高温になりやすいので近付け過ぎないなどの注意も必要です。

今回は「しっとり」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★☆☆☆
ダメージ :★★☆☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★☆☆☆☆☆
塗布方法・9.リタッチ(ビニールシート法)毛先は疎水化トリートメント塗布
放置方法・ラップキャップで自然放置。
放置時間・45分放置

関連記事

  1. 乾燥による静電気やパサつき対策ケア!「カラー+サラサラ」コー…

  2. 日焼けなんてまだ早いと思ってませんか?

  3. ★縮毛矯正と質感矯正の違い★

  4. 髪質を改善しながらのストレート矯正

  5. 冬の保湿のポイント「しっとり・サラサラ」コース

  6. ダメージ毛