では、どんな対策をしていけばいいのか??2

大丈夫ですよ。本当に綺麗になりますから・・
la・boteギャラリー→ https://la-bote2.wixsite.com/la-bote2
★紹介・初めての方のギャラリー→ https://la-bote2.wixsite.com/la-bote4
(休止中)当店を初めての方は月・火曜日限定で施術が可能です。
(休止中) → https://la-bote.com/archives/news/


今回は「しっとり・サラサラ」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★☆☆☆
クセの強さ:★☆☆☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★☆☆☆☆
では、どんな対策をしていけばいいのか??2
・UV加工の日傘
遮光率が高く、遮熱効果のあるものがオススメです☆
女性の方はお持ちの方も多いと思いますが、最近では雨用と日傘の晴雨兼用の折りたたみ傘があるので常備しておくと安心ですね!
・帽子
紫外線の透過率の低い黒などの濃いめの色味がオススメですが
さすがに夏場は暑い!
見た目も重くみえる!
そんな方はUV加工がしっかりされているタイプもしくは
ハットなどの全方位にツバのあるもの。
なるべくならツバの広いタイプの方がカバーしてくれる範囲が広いのでオススメ
ストローハットなどは通気性が良いのが利点ですが紫外線からの保護の点から言えば、編み目が細かくしっかり編まれた隙間のないものを選びましょう!
・分け目を変えたりヘアアレンジをする。
いつも同じ分け目だと紫外線の当たる部分も一か所に集中してしまいますので、髪の毛もそうですが頭皮にも影響が出てしまいます。
以前もお伝えしたのですが紫外線の影響で白髪や薄毛の原因にもなってしまいますので、気をつけて下さい!
髪の毛を完全におろしたダウンスタイルは全面的に紫外線を受けている状況なのでお団子などの髪の毛の出ている面積が少ないスタイルは特に紫外線予防としてオススメです☆

関連記事

  1. 自然な縮毛矯正に仕上げる為に。

  2. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正

  3. シャンプー後は優しくタオルドライして下さい。

  4. ベタつき・脂っぽさ!!

  5. 梅雨時の髪

  6. ハイダメージ毛の縮毛矯正が難しい理由