頭皮を傷める洗い方

★髪が綺麗になることを諦めていませんか?
⇒4
頭皮を傷める洗い方
最初にシャンプーですがその種類です。
洗浄力のあるシャンプーは髪や頭皮に与えるダメージも有ります。
それは汚れと共に
洗浄力の強いシャンプーは、髪や頭皮にダメージを与えます。
洗浄力の強いシャンプーは、髪や頭皮の汚れを落とす力が強いことが特徴です。しかし、汚れとともに、髪や頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうため、肌が乾燥し肌荒れなどを引き起こしてしまいます。また、頭皮は皮膚を守るため、さらに多くの皮脂を分泌し、結果フケやかゆみ、毛穴の詰まりなどにつながる可能性があります。
ブラシなどで頭皮に刺激を与えますと角質がはがれフケやかゆみ脂性などにつながります。
また、爪を立てる洗い方もよく行いがちですが、頭皮を傷つける事もあります。
シャンプーの回数はこれも頭皮へのダメージにつながります。
頭皮な汚れと共に古くなった角質(保護膜)がとれてそして新しい保護膜をつくるため皮脂を分泌します。
シャンプーは何回もしますと皮脂を取り過ぎて逆に頭皮が脂っぽく
なります。やり過ぎはいけません。
1度目のシャンプーで髪の汚れ、角質を取ります
2度目のシャンプーで新しい角質層に刺激を与え肌荒れの可能性が
シャンプーした後は十分に洗ってください。中途半端はだめ。
シャンプーが頭皮に残ったままドライヤーの熱や日光が当たると、化学変化をおこすかもしれません。
今回は「しっとり・サラサラ-」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★☆☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
施術難易度:★★☆☆☆☆

関連記事

  1. 冬の髪の静電気トラブル 2「サラサラ」コース

  2. 睡眠と髪質改善は。「サラサラ」コース

  3. 髪を洗わないで寝ると?

  4. 綺麗さを遠ざけるシャワーの温度は。1 「サラサラ」コース

  5. 髪を綺麗にするのにかかる時間は?

  6. 縮毛矯正の難しさ!!「しっとり・サラサラW」コース