お月見

秋の夜空に浮かぶ、美しい月を眺める「お月見(十五夜)」。
2020年の十五夜は、10月1日(木)です。
今日は大丈夫かな??
秋の夜長の意味?
秋も深まってくると秋の夜長(あきのよなが)という言葉が。
少し寂しい季節ですね。
そもそも秋の夜長ってはどんなこと?
1.夜が長いこと
2.秋が深まるにつれて夜が長く感じられることです。
秋分を過ぎたあたりの10月~11月の期間というのは
この季節はジャズを聴きながら一杯が楽しみです。
一日の内日の出から日の入りまでの時間が陽が昇ってから落ちるまでの時間が
四季の中で一番短くなるようです。
陽が昇ってる時間が四季の中で一番短いということは
反対に夜の時間が一番長い期間ということになります。
秋のシーズンには夜の時間が四季の中で長くなるのですね。
それから秋の夜長という言葉が使われます。
秋も深まると日が沈むのが早くなって5時や6時頃でも少し暗くなってくるような
感じですね。

関連記事

  1. 白髪に悩まない!!「しっとり・サラサラ-W」コース

  2. コロナ過ですがご来店の皆様には感謝です。

  3. 人の人生に寄り添って

  4. ベースの髪を綺麗に!!「スリムサラサラ-W」コース

  5. 教えてくれない縮毛矯正の話。「しっとり」コース

  6. 自宅トリートメントの頻度とやり方は?効果。「サラサラ」コース…