ヘアアイロンを使う前に!2

■ラ・ボーテのHPからの予約方法はお知らせをご覧ください。アイホン6Sで撮影
空き情報 ラボーテのHPのお知らせをご覧ください。お電話でご予約お願いします。
ラ・ボーテのネットからの予約ですがお時間が前後する場合があります。ご理解ください。                                ヘアアイロンを使う前に!2
■最後は冷風で仕上げましょう
髪にこもった熱を散らすために、ヘアアイロンの後はドライヤーの冷風で仕上げましょう。
利点としては冷風を当てることによってキューティクルも引き締まります。
根元から下へ流すように風を当ててあげるのがポイントです。
冷風を当てるだけで、サラサラ感は断然増しますし、よりストレートを長持ちさせることができます。
髪にダメージを与えにくいアイロンと通常のアイロンの違い
いくら注意してもアイロンによって髪の傷み具合というのは変わってきます。
髪にダメージを与えにくいヘアアイロンは通常のヘアアイロンとどのような違いがあるのかご存知でしょうか?
■そんなヘアアイロンの仕組みの違いは。
アイロンの種類について
ヘアアイロンには、ストレートアイロンとカールアイロンさらに、
ストレートとカールの両用アイロンといった種類があり、スタイリング用途によって使い分けます。
熱を加えるプレート部分によって熱の加わり方や仕上がりに違いが生じます。プレートの素材にはセラミック、チタン、テフロンなどがあります。
髪にダメージを与えにくいアイロンの特徴
髪にダメージを与えにくいアイロンにはダメージケア機能、低温度でのスタイリング摩擦の少ないプレートといった特徴があります。

髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です
■ハイダメージ・ポーラス毛は(内部補修・保湿剤CMC塗布後ドライ)後クレンジングシャンプー
■髪の状態 乾燥毛 毛先がアイロンの痛みがあります。
■施術方法 サラサラコース
■前処理 炭酸泉で素髪の状態にします。
毛先はCMC+エブトリでダメージの補修保護
中間CMCB アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 CMC(PHの調整、残臭除去)
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
サラサラコース(CMCバランス塗布 毛先CMCバランス+エブトリ塗布)
保湿効果のあるCMCPベース塗布(アイロン・仕上げ時)
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~多目塗布 うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間 自然放置45分
■仕上がり サラサラ感がが出ました。

関連記事

  1. あけましておめでとうございます。

  2. スタイリングにアイロンを使う

  3. 静電気って何。

  4. 空洞化はなぜ起きるのか。

  5. 縮毛矯正失敗です。

  6. 髪の乾燥は肌の乾燥と同じですね。