シャンプー

シャンプー

美容室では根元をしっかり乾かすんですけど、自宅では毛先を乾かしてしまいます。
濡れたまま寝るのが一番傷みがでます。
自分では乾かしてるつもりでも意外と乾かし漏れがあったりします。
髪を傷ませない洗い方の大切なのは、シャンプー前の予洗いです。
シャンプー剤をつける前にお湯で髪と地肌をまんべんなく濡らすことです。
予洗いをすると完全にするとすぐににシャンプーが泡立ちます。
泡をしっかり立てれば、泡にくるまれた汚れや皮脂は強くこすらなくても、髪の毛からはがれやすくなります。
また、すすぎをよく行うというのも大切です。
シャンプーには、すすぎをよく行っても髪が傷まないように洗浄成分だけでなくコンディショニング成分も入っています。
洗浄成分が洗い流されたときコンディショニング成分は髪全体を覆いダメージから守ってくれるというものです。
秘訣はたっぷり濡らして、たっぷりとすすぐこと。
髪を傷めないシャンプーの秘けつはお湯の使い方です。
シャンプー前には
クッションブラシで頭皮マッサージです。
頭皮マッサージで固まった頭皮を柔らかくし血行をよくしたあとに髪についたホコリや汚れを落としていきます。
シャンプーの前は髪の絡まりを取ること。さらに頭皮を少しなでるようにブラシをして、汚れを浮かせたほうがいいです。
汚れはアブラにくっついて落ちますからより頭皮や髪の毛を傷めずに洗うことができます。                  施術レシピ
髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。
■ハイダメージ・ポーラス毛は(内部補修・保湿剤CMC塗布後ドライ)後クレンジングシャンプー
■髪の状態 矯正+カラー 毛先が乾燥しています。
■施術方法 しっとりコース
■前処理 炭酸泉で素髪の状態にします。
毛先はCMCバランス+エブトリでダメージの補修保護
中間CMCB アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 CMC(PHの調整、残臭除去)
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
サラサラコース(CMCバランス塗布 毛先CMCバランス+エブトリ塗布)
保湿効果のあるCMCPベース塗布(アイロン・仕上げ時)
■毛先部分 CMCバランス+エブリーT(10%塗布)
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~多目塗布~うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間 自然放置45分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。                              疑似CMC成分で毛髪内部まで導き入れるように浸透成分を付加して
保湿を維持したりキューティクルの補修、艶感、滑りを良くするように配合しています。
うすい擬似CMC成分がキューティクルを疎水化します。
CMC最大の特徴は、
今までにない、毛髪浸透促進剤の働きで非常に浸透に優れ、
補修成分が毛髪内部に深く浸透効率よくダメージを補修します。
吸着力と浸透に優れて、より内部補修に効果を!
より効果を上げるために髪の芯から潤すために
トリートメント類を受け入れやすい状態に整えます。

関連記事

  1. 扱い易いのがいい!!

  2. 髪を濡らすと手触りが固くなるのであれば、

  3. 5月の縮毛矯正エブリー特集

  4. 初めて縮毛矯正をお考えの方へ自然な縮毛矯正に仕上げるコツ

  5. 遠い中、ご来店ありがとうございました!

  6. 紫外線のダメージから髪を守るには。