ヘアアイロンを使う前に!

ヘアアイロンを使う前に!

設定温度は通常の髪の状態で160~180度、髪のダメージが大きい場合は140度前後を目安に設定してください。
ヘアアレンジを楽しむためにも、ヘアアイロンの温度には気をつけましょう。
ヘアアイロン後は十分なケアをお忘れなく
ヘアアイロンによるダメージを最小限に抑えるためにも、終わった後のケアは重要です。
毛先を中心にしっかりと保湿剤をなじませてください。保湿剤がお勧めです。
また、毎日のケアとして、シャンプーの後はきちんと乾かしてから寝ることを。
ヘアアイロンを使う前に!
■コテの太さ
髪型をイメージしてからコテを選ぶようにしましょう!
巻き髪に欠かせないコテ。自分の髪の長さや、どんな風に巻きたいかによって選ぶコテも変わってきます。
コテの太さは髪型やどう巻くかによって変わってきます。
コテの太さの種類
コテの大きさの種類は大まかに「19mm」「26mm」「32mm」「38mm」の4種類。温度は130℃から200℃までと幅広くありますが、130℃~140℃くらいだと温度が低すぎて時間がかかり、髪に負担をかけてダメージを与えてしまいます。
逆に200℃くらいになると、手慣れている人かプロでない限り、手早く巻かないと巻きすぎてしまったり、やけどをしてしまう可能性があります。普段使いするなら温度は160℃から190℃くらいのものが使いやすいです。
また、髪が細い人はカールがつきやすいので一段階太めのものを逆に髪が太い人はカールがつきにくいので一段階細めのものを選ぶ。ヘアアイロン後は十分なケアをお忘れなく

エブリー商品関係こちらのでご覧ください。
エブリー施術関係はこちらからご覧ください。
シルク1  髪の摩擦を軽減するシルク枕カバー。

施術レシピ
■髪のカウンセリング
髪の状態は・毛先の乾燥はありますが少しアイロンの痛みがあります。
施術コースは・5.縮毛矯正「しっとり・サラサラ・W 」コース
■エブリー1液塗布 塗布方法は毛先中心の塗布方法
前処理は・CMCバランス+エブトリでダメージの補修保護(20%)
CMCベース+エブリーエブリートリートメント (20%)
施術方法・根元~多目塗布~白くなるように塗布
■放置時間(予備テスト用にロットを巻きます。1から1.5倍のカールがベストです。)
放置時間・自然放置45分
■アイロン方法・スルーアイロン
■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
■エブリーの縮毛矯正で艶感しっとりサラサラ感がアップされました。

関連記事

  1. 矯正後髪の洗い方

  2. 毛髪の構造

  3. 髪はパッと見た感じではそこまでクセは強くないですが、

  4. キレイな髪ってすごいんです。

  5. 縮毛矯正の今!!

  6. 縮毛矯正の良さが。