梅雨時の髪

親水性は。
カラーなどで髪が傷んでいるという事は内部のタンパク質の流失があります。
その中で細胞間を埋めているCMC、
キューティクルを薄く覆っているCMC(細胞膜複合体)などは無くなっています。
傷んだ髪は水分が続くとなると、考えただけで、必要以上大量に髪に入りこみます。
朝スタイリングしてもすぐにボワ~とします。
また乾かしたとしても必要以上に乾いてしまい髪は固くなります。しなやかさが出ません。
疎水性は。
疎水性の髪は水分を弾きます。
疎水性に作るという事は髪のダメージしている内部部分にしっかり疑似タンパク質を埋める。
補修ケアとは親水性の状況を疎水性に作り替えるケアの事なんですね。
それは髪はしなやかでスタイリングの持ちも良いです。
疎水化ができているからこその良い状態です。
髪の傷みを補修するとは、健康な状態は疎水性にすること。疎水化された髪を目指してください。縮毛矯正のおすすめです。梅雨を乗り切るために。

髪を守るヱブリーミズトにできる事 ここをクリック                                 ■髪のカウンセリング
髪の状態は・多毛 毛先が乾燥しています。大きいうねりです
施術コースは・縮毛矯正「サラサラ」コース
■エブリー1液塗布 塗布方法は毛先中心の塗布方法
前処理は・CMCベース+エブリーエブリートリートメント (20%)
CMCバランス+粒子の細かいトリートメント(20%)
中間・後処理 ベース+バランス(半々)
施術方法・根元~多目塗布~白くなるように塗布
■放置時間(予備テスト用にロットを巻きます。1から1.5倍のカールがベストです。)
放置方法・2.タオルターバン後キャップで自然放置。
放置時間・自然放置50分
■アイロン方法・根元強め毛先ワンスルーアイロン
■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
■エブリーの縮毛矯正で艶・サラサラ感がアップされました。
エブリー施術関係はこちらからご覧ください。ここをクリック

関連記事

  1. 花粉症になったら

  2. 毛髪の構造から

  3. 矯正で失敗しないために注意したい事は。

  4. シルクの枕カバーはいいです。

  5. ヘアアイロンを使用する前に!

  6. セルフカラーする前にこれだけは。