ルフカラーがなぜ。

ルフカラーがなぜ。
最近セルフカラーをしている方が増えていますが


本人の価値観ですがセルフカラーはサロンではオススメできません。
セルフカラーは危険がいっぱいなのですそこで
セルフカラーなど100害あって1利なし厳しくいうとこんなレベルなのです。
いいところは安さかな。
サロンでセルフカラー並みの料金でできないのか?
それは施術の方法が違います。ですから高いのでは。
セルフカラーはダメージの調整がきかないデメリットがあります。
サロンではダメージや色味などを考慮し最低限のダメージで調整しながら
カラーをしています。
リタッチという根本の伸びてきた部分のカラーをする技術に練習が大切です。
時間をかけて勉強しています。
セルフではそこまで考えてするのは難しいのではないでしょうか?
ですから料金も高いのです。


でセルフカラーというのは
黒髪から金髪にするためには薬剤のパワーが必要になります。
茶髪から金髪にする時はそこまでのパワーはいりませんが。
そこが調節ができないのがセルフカラー剤なです。
セルフカラーが危険なのは必要以上のパワーを使って染めてしまうこともあ
りえます。


セルフカラーの厄介なのはムラになる事です。
ムラがあるとどうなるのか?
縮毛矯正した時にはビビり毛になる可能性があります。
次の薬剤を使う施術に大きな失敗要因を生み出す可能性に繋がります。
ムラムラブリーチの場合も矯正は不可能です。
続けてブリーチや縮毛矯正やパーマなどしたい方は
セルフカラーやセルフでする薬剤施術はやめていただけたらと思います!

la-boteエブリーの自然な縮毛矯正
潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正
進化した矯正は髪の強度を図りツヤ・サラサラ・しっとり感を作ります。
縮毛矯正「しっとり」コース

施術の所要時間は
https://la-bote.com/archives/2461
2回目の方の予約サイト 
https://reserva.be/labote

関連記事

  1. 乾燥やフケが気になったら。

  2. ヘアアイロンを使う前に!

  3. 髪が膨張しやすい梅雨

  4. 縮毛矯正とカラーはどちらからやった方が良いのか。

  5. カラーリングとダメージの関係性はというのは

  6. なんで膨らむの??