軽減できポイントがあります。

軽減できポイントがあります。

髪を乾かすときには、
少しでもダメージを減らすために、
髪から15センチほど距離を置い
て風をあてる。
ドライャーとの距離をとることで、
髪にあたる風の温度が少し下がり、
髪に加わるダメージも少なくすることができます。
洗い流さないトリートメントを付けるのも大切ですね。
髪を保護する成分が多く入っているものの方が、
当然ですが効果は高くなりますね。
このポイントを守ることにより、
ドライヤーによる髪ダメージは、
かなり軽減できますから。

関連記事

  1. 「くせ毛を伸ばす」以外で求めるもの。2

  2. この違いが?

  3. 綺麗髪のセルフケアは!!「サラサラ-W」コース

  4. 何の臭いなの?なんだろう?

  5. 寝る前にやってはいけない習慣

  6. アイロンは髪が傷むからやらない?2