キューティクルの敵は濡れること

キューティクルの敵は濡れること

キューティクルは乾燥している時には閉じていて、
濡れている時には開いているの
ですが、この開いている時に髪の水分や栄養は出ていくんです。
ですから髪の毛の潤いを守るためには、
キューティルを閉じさせてければならない
ので、自然乾燥ではなくて、
ドライヤーなどで乾かしたほうが良いんです。
夏の暑い時などは温風じゃなくて冷風でも全く問題無いですからね。

関連記事

  1. 自然な矯正。。。と、

  2. 髪が多く感じる原因はダメージと癖と…錯覚!?

  3. 今年も残すところあと数時間となりました。

  4. 2024年の辰年はどんな年?エブリィー髪質改善/酸性ストレー…

  5. ヘアブラシの正しい選び方は。(2月より予約開始いたします。)…

  6. 潤いを与えるジャンプーやトリートメントとは?