紫外線にはUVAとUVBという種類があります

紫外線にはUVAとUVBという種類があります
UVBはサンバーンと言って肌が赤くなるいわゆる日焼けを引き起こします。
気をつけたいのがUVAです。こちらは表面だけでなく肌の中まで影響が及びます。肌老化の8割が紫外線といわれていますがそのうち90%以上を占めているのがUVA。
UVAは髪の深部まで侵入してくるので、いかに守るかが大切になります。
5月から髪が傷みやすくなる.
5月からはUVAが多くなり髪が痛む時期のはじまりです。
髪は肌に比べると、メラニン色素が多いので紫外線には強いんです。
浴びすぎると髪がもろくなり、乾燥やパサつき枝毛、カラーの退色などの原因となります。
髪の紫外線ケア
残念ながら傷んだ髪は完全には復活しません。
ですから普段から紫外線から髪を守ることが大切になります。
これでUVケア効果のあるヘアケア剤で髪をコーティングする方法。
オイルタイプは保湿力がありますし、最近では手軽にスプレータイプのUVケア効果のあるものも出ているので用途に合わせて使ってください。
ヘアケア剤だけでなくUVケア効果のあるシャンプーやトリートメントに切り替えるのも効果的です。
帽子をかぶったり、アップにして紫外線が当たる面を少なくしたりするなど、未然の対策で普段から髪をいたわることが大切です。 UVケアをしっかりと行い紫外線に負けない髪を。

今回は
■施術コースは・縮毛矯正「サラサラ」コース
■放置方法・根元~多目塗布~白気味に塗布
 放置時間・自然放置45分
■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
■エブリーの縮毛矯正で艶・サラサラ感がアップされました。

関連記事

  1. カラーリングとダメージの関係性はというのは

  2. エブリー縮毛矯正・ストレート矯正メニュー

  3. ダメージヘアが静電気が招く

  4. 自然乾燥は髪によく有りません。

  5. 乾燥頭皮へのオススメケア

  6. ブラシで頭皮マッサージ