ドライヤーの使い方を再確認しましょう。

シャンプー後に髪が濡れた状態というのは、水分がたっぷりと含まれているように感じますよね。
髪は、キューティクルが開いている状態で、どんどんと水分が蒸発しています
なるべく早く髪を乾かす必要です。
ドライヤーでスタイリングの時髪が乾温風が髪にあたるために、少しずつ髪か
ら水分が蒸発していってしまいますよ。
そこで必要なのがタオルです。
スポーツタオルくらいのサイズのタオルを頭にかぶせます。
その上からドライヤーの熱をあてていってください。
髪から抜け出た水分がタオルに吸収されるので、極端に水分が蒸発するのでは
なく、適度な湿度を保ったまま髪を乾かすことができますからね。
毎日続けていくと、髪から蒸発する水分量が少なくて済むので、髪のパサつき
も改善されていきますよ。
ヘアパックの利用
シャンプー後トリートメントを塗布した後、
髪をラップなどで覆うかヘアキャップをかぶったまま5分~10分ほど放置します
水分がしっかり着いている状態で塗布しますとキューテクルが開いていますから効果が出ます。


適度な温度があることから、髪に栄養や水分もしっかりと入ってくれます。
5分~10分が経過すればパック剤を洗い流します。
ヘアトリートメントのケアを1週間に1度でも行うことで、髪の水分量を増やすことができますよ。
毎日する方が良いかもしれません。
美容室でするより効果大です。

関連記事

  1. 良くない髪の状態ってなに?「サラサラ」コース

  2. 乾燥頭皮へのオススメケア

  3. お店の自粛について30日より5月6日までお休みいたします。

  4. 髪の紫外線2

  5. 【コロナウイルス対策】消毒設備を整えております。感染予防の為…

  6. リタッチ