明けましておめでとうございます。湿度とは、

湿度とは、

予約サイト https://beauty.kanzashi.com/labote
スタイル  https://la-bote.com/?p=32080

お知らせ https://la-bote2.wixsite.com/sakura1951

空気中の水蒸気の量や、空気の湿り具合の程度などを表す量のことを言います。
空気中の水分量の比率を表すのに、空気の分類です。
乾き空気は
水分が全くない状態の空気のこと。
湿り空気は
ほんの少しの水分が混じっている状態の空気普通にあるする空気です。
飽和空気
これ以上水分を含むことが出来ない空気の事です
結露
空気は湿り空気で、水分だけでなく酸素、窒素、炭酸ガスなどと混合しています。
空気中の水分は水滴と液体としてあるのではなく、水蒸気で水が蒸発して気体になったものとしていますので、目には見えません。
湿度100%となるとこれ以上空気中に水蒸気は含めません飽和空気という状態です。この状態で空気よりも冷たいもので冬場の室内空気と窓ガラスにに接触する部分の空気が冷やされることにより、
空気中に含むことが出来る水蒸気は少なくなります。
それで水が水蒸気のままではいられずに接触面で水滴となります。これが結露です
空気中の湿度
冬期は夏季よりも空気中の湿度がかなり低く乾燥します。
また暖房をつけることによって室温は上がり湿度が下がってしまいより空気が乾燥します。
湿度不足によるもので適正湿度は。
風邪やインフルエンザになりやすい。
空気が乾燥すると、口や鼻の呼吸器系の粘膜が乾燥します。
風邪などの感染に対する防御が低下してしまうので風邪やインフルエンザなどのウィルスが体内に入りやすくなります。
冬に風邪やインフルエンザが流行するのは、病原菌が増えているだけではなく。
空気の乾燥によって体の防御が出来ないためにも関係してきます。
また、空気が乾燥すると体から蒸散する水分量が多くなり暖房をつけても体感の温度は低くなり暖房の温度だけを高くしても、温かさを感じにくくなります。
.

関連記事

  1. 進化!!

  2. ≪パサパサ髪には潤いを!≫

  3. でもなぜトリートメントするんでしょうか?「しっとり・サラサラ…

  4. 年齢の変化と共に髪も変化する

  5. 熱ダメージで髪が硬く!!・・・「サラサラ」コース

  6. ベースメイクで