そろそろ木枯らし一号 とはどんな・・でも2号は?

そろそろ木枯らし一号 とはどんな・・でも2号は?

冬が近づいてくると天気予報
今日、木枯らし一号が吹きました。
というのをよく耳にします。
木枯らし一号というのは、季節が秋から冬へと変わる時期に、初めて吹く北よりの強い風のことを言いいます。
木枯らし一号の木枯らしは、木を枯らすほどの強風が吹く様子が由来になっています。
秋が深まって、空気も冷たく感じる頃、強い突風が吹く日がありますよね。
あれが木枯らし一号です。
木枯らし一号という呼び名がどこでどう始まったのかははっきりしていないそうです。
木枯らし一号は、春に吹く風の春一番に対して使われるようになった季節の言葉でもあります。
春一番というのは、立春から春分にかけて、南の方から強く暖かい風が初めて吹きつけること。
春一番は、春の訪れを告げる強風のこと。
木枯らし一号は、冬の訪れを告げる強風こと。
木枯らし一号の知らせがあると、
あぁ今年も冬が来るんだなぁと感じます。が
この木枯らし一号は東京地方と近畿地方でのみなんです。
東京と近畿でのみの発表になるかというといずれも人口が多い平野部なので、木枯らしによる強風で被害が発生する可能性があることが。
でも2号は?有りません。
有りません冬に向かいます。

関連記事

  1. 疲れた体には甘いものが良く効く〜〜。

  2. 死ぬまでに行きたい世界遺産

  3. 芸術!!髪に漫画

  4. 明けましておめでとうございます。

  5. ふたりでおでかけの絵本

  6. 1度は行ってみたい。フェロー諸島