縮毛矯正後のリタッチのポイント

縮毛矯正後のリタッチのポイント
4-5か月の場合の根元のみリタッチ。


定期的に縮毛矯正をかける時は毎回毛先までお薬をつけるわけにはいきません
縮毛矯正をかけるたびに毛先までしてしまうとダメージがそのたびに蓄積され質感が悪くなります。5-1年ぐらいの髪は毛先のひずみがある時は毛先まで施術します。
髪の毛の美しさを維持するためにはリタッチの縮毛矯正が有効です。
リタッチの縮毛矯正をする場合は。
前回縮毛矯正をかけた部分のクセが残っていないことが前提です。
前回に施術した部分にクセが残っている時はリタッチで縮毛矯正で根本をきれいにしたとしても、前回かけた部分と今回かけたリタッチ部分の境目が目立ち、仕上がりが不自然になることがありますので全体施術をお勧めです。
また毛先にクセが残っている時は残っているクセを取り、根元から毛先までクセがない均一な状態に整えます。

初めての方 ご紹介の方 2回目以後の方予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
●縮毛矯正後のシャンプーの注意点
→ https://la-bote.com/?p=2780&preview=true
●髪の摩擦を軽減するシルク枕カバーとは
→ https://la-bote.com/archives/1318

■髪の状態は
髪の量  :★★☆☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★★☆☆☆
■施術コースは・縮毛矯正「しっとり 」コース
塗布方法・2.根元~多目塗布~白気味に塗布
放置方法・5.ラップキャップで自然放置。
放置時間・45分放置

関連記事

  1. 梅雨の湿気で広がる

  2. 空気中の湿度

  3. 縮毛矯正のお薬色々あれど

  4. あけましておめでとうございます。

  5. きました。髪が膨張しやすい梅雨

  6. 伝え方!!