正しいヘアケア ドライ

正しいヘアケア ドライ1


シャンプー後髪の毛乾かしていますか?
濡れたまま放置するのは髪にとってダメージ毛になります。
濡れている状態だと髪の毛が痛んでしまうのは。
ヘアケアの基本はシャンプー後には髪の毛を乾かす事これ大事です。これもケアの日頃の積み重ねがとっても大事、
シャンプー後タオルでゴシゴシ拭くこれは髪の摩擦が起きて痛む原因。
ましては濡れたまま寝るなんてサイヤクです。特に
矯正の髪パーマ、カラー毛など。なぜでしょうか?
濡れてる時は髪が元の状態に戻ろうとします。パーマや縮毛矯正が元
のかける前の状態に戻ろうとしてしまうのです。
またカラーの色落ちの原因にもなるんですよ!髪の毛は弱酸性が最も安定
した状態です。
カラーした後の髪の毛って濡れている状態だと、どんどんアルカリ性に傾こ
うとするので色落ちが早くなったりダメージになります。
シャンプー後素早くしっかりと髪の毛を乾かしてください、
正しいヘアケアドライ2
なぜ髪を乾かす事が大切なのかはお判りでしょう。
そこで乾かし方はついて。簡単にまずは


タオルドライをしっかりと
これで乾かす時間を短縮します。
タオルでゴシゴシするのはいけません摩擦が髪のダメージに
トリートメントを髪の長さの半分にだけ付けます。根元にはつけません。
ここでトリートメントを付ける事により髪に被膜を作ります。
髪のパサつきを抑えまとまりのある髪にしてくれます。
根本を中心に乾かす!
乾かす基本は根本から毛先なんです
ドライヤーで乾かすときは、平面ブラシなど根本から乾かします。
最後にドライヤーで冷風をあててください
もう1度言いますが髪は濡れてる時が1番痛みやすいです。

初めての方 ご紹介の方 2回目以後の方予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
●縮毛矯正後のシャンプーの注意点
→ https://la-bote.com/?p=2780&preview=true
●髪の摩擦を軽減するシルク枕カバーとは
→ https://la-bote.com/archives/1318
●CMCE 長持ちストレート→ https://la-bote.com/archives/5859
■髪の状態は
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★★☆☆☆
■施術コースは・縮毛矯正「しっとり 」コース
塗布方法・2.根元~多目塗布~白気味に塗布スルー
放置方法・5.ラップキャップで自然放置。
放置時間・45分放置

関連記事

  1. 乾燥による静電気やパサつき対策ケア!「カラー+サラサラ」コー…

  2. ブリーチしたグラデーションカラーに弱酸性縮毛矯正

  3. 内面から髪の芯から潤すために「カラー+縮毛矯正しっとり・サラ…

  4. 寝不足これもいけません。

  5. 髪のために「最低限」知っておきたいこと

  6. 京都よりおいでくださいました。