でも傷んだ髪は元には戻りません。

でも傷んだ髪は元には戻りません。
美容室でのトリートメント持続効果は1週間前後でしょうかね。
いずれにしても擬似タンパクであり擬似脂質です。
次のシャンプーとともに徐々に落ちてしまいます。
当店でも同じ事です。そう最も大事なことはどんなにすばらしいサロンのトリートメントを施しても、ホームケアが悪いと2週間持つところも1週間で効果はなくなります。
お店でトリートメントをする分ホームケアを重点的にした方が常に綺麗になるでしょう。
髪や美肌のために体質改善を!
髪やお肌・爪に潤いやツヤがなくなってきたら今使用しているヘアケア商品や化粧品が自分に合っていないかも。
でも外部から補修する方法だけでは本当によくはありません。。
それらの方法で改善されてもそれは表面的で一時的にすぎません。
本当は身体の中からの体質改善が必要です。
髪やお肌・爪などにトラブルを起こす大きな原因は体質によるものもあります。
ダイエットにしても同じ事がいえます。
いくら食事制限をしたり、毎日運動を続けても、なかなか思うように体重が減らない方がいます、
それは体質が痩せにくい体質になっているからです。
体の発汗作用が低かったり、脂肪の燃焼が悪かったり(基礎代謝が低い人に多い)と原因は様々ですが、その様な体質ではいくら頑張っても期待するような効果はでません。

髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です
ヱブリー矯正剤
■髪の状態  毛先がパサつきがあります。
■施術方法 髪の状態で基本的には7パターンの塗布方法が有りますが塗布は感覚です。
■前処理 ダメージの補修 CMCで保護 毛先CMC+T
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
■塗布方法 根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く
■放置時間 45分自然放置
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。

髪の中の接着剤CMCとは。
髪の中のさまざまな物質をつないでいるCMC。
CMCとはどこに。そしてどんな働きをしているのか。
あなたの髪、乾燥、バサついていませんか?
毛先の乾燥、そんな悩みは。
髪のトラブル、そのほとんどはCMCの不足が原因です。
今までのケア剤は、たんぱく質(PPT)が主でしたが、
最近ではCMC(細胞膜複合体)が重要な働きをします。

髪の中の接着剤CMCとは。
CMC(細胞膜複合体)の役割は、
水分や油分、薬剤の通り道
薬剤のパーマ液、ヘアカラー剤、矯正液はこのCMCを通って毛内部に浸透します。
また必要以上に入り過ぎないよう浸透調整する機能。
キューティクルのダメージから守り、バサツキを防ぎ、髪に柔軟性を与えます。
髪の中の接着剤CMCとは。
適正な水分量の維持、
毛髪内部の水分量を一定に保ち毛髪内部から潤いを与えます。

関連記事

  1. カラーリングは薄毛になる。

  2. これからの季節は大変

  3. 頭皮の皮脂ケア

  4. 紫外線怖い!!

  5. ハイライト(ハードメッシュ)ご来店ありがとうございました。

  6. ぬるま湯は気持ちいいよ!