毛髪の構造、毛髪は

【くせ毛でのお悩み】
エブリーのオーダーメイド縮毛矯正・髪質改善が得意なラ・ボーテです。

今回は「カラーしっとり・サラサラ-」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★☆☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
施術難易度:★☆☆☆☆
塗布方法・


毛髪の構造、毛髪は
表皮の一部がからだの内側に入り込んでできた毛包という組織で作られます。
毛包は毛球を包んでいる部分なんですがヘアサイクルにしたがって形態を変え、
髪の成長には大切な部分なんです。
毛包の下のには毛母細胞があり増殖しながら表面へと向かい、たんぱく質や核を失って毛髪になります。
この過程を角化と呼びます。
毛包の下にある、毛母細胞に包んでいるのは毛乳頭と呼ばれます。
その中には毛を作る角化細胞や、メラニン色素を作る色素細胞があります。
角化細胞は色素細胞からメラニン色素を受け取ります。
その量によって毛髪の色が決まります。
毛髪のタイプとしては
角化した毛母細胞の一部は、毛髪を包む「さや」になります。
このさやは毛髪よりも早く固まり、その内側の毛髪が角化するときの鋳型になっています。
毛髪のタイプには直毛、波状毛、縮毛などがあり、直毛の毛包は基部までまっすぐで、横に輪切りにした断面図では毛髪もさやも真円になっています
波状毛や縮毛の場合、毛包の基部が歪曲していて、断面図は楕円形です。
そのため、髪が成長するときにひずみができ、髪に癖が生まれます。

関連記事

  1. 楽しいお時間でした。感謝です。

  2. ヘアアイロンを使う前に!

  3. 冬の乾燥によってフケが増えた髪に!

  4. 縮毛矯正の失敗

  5. お客様とのつながり。「しっとり・サラサラ」コース

  6. 「傷んだ髪は治らない」