シャンプーは。

シャンプーは。

予洗い
お湯だけで頭皮を洗う予洗いは、3分くらい行うことでかなりの割合の汚れが落ちます。
予洗いをすることでシャンプーの時間を短くし、頭皮や髪の皮脂や栄養を落とし過ぎることを防ぐ効果があります。
爪を立てずに指の腹で指全体を使って頭皮をマッサージするように。
耳周りや額首のつけ根部分は洗いが甘くなりやすいので、意識して洗いましょう。
お湯の温度は38度のぬるま湯が理想です。ぬるいと感じる温度で洗いましょう。
シャンプーはいきなり頭皮につけるのではなく、手のひらでしっかり泡立てた上で頭皮につけていきます。
頭皮をやさしく
シャンプーは頭皮を洗うものです。そのため、泡立てたシャンプーで頭皮を洗っていきます。
シャンプーが頭皮や髪に残らないよう十分にすすぎます。
泡がなくなってもシャンプーが残っていることがあるので、触ってみてぬめり気がなくなるまですすぎます。
ここでシャンプーが残っていると、この後のトリートメントの効果が薄くなったり、毛穴が詰まって頭皮の
においやフケ・かゆみの原因にもなります。
トリートメントで保湿をしましょう
トリートメントが頭皮の毛穴を塞いでしまうと、トラブルの原因になるため、髪の根元には直接つけないよ
うにしましょう。毛先は傷みやすいので揉みこむようにつけるのがおすすめです。また、トリートメントは
シャンプーよりも念入りにすすぐことが重要です
タオルドライ
髪は熱に弱いため、タオルドライでしっかり水気をとることでドライヤーの時間を短縮でき、髪が熱風にさ
らされる時間が少なくなります。
ドライヤーでしっかり乾かします。
低温ドライヤーでない限り、吹き出し口から10cm以内だと熱風が100℃以上になることもあります。
そのためドライヤーの距離を約15~20cmは離しましょう。ドライヤーを離すことで温度も下がるので頭皮や
髪へのダメージはかなり少なくなります。
乾かすときはドライヤーとの距離を離した状態で、頭皮→髪の中間→毛先へと、上から下へ乾かしていきます。
最後に髪のキューティクルを閉じるために冷風を当てていきます。
熱がダメだからと言って自然乾燥にすると、髪はさらにダメージを受けます。頭皮の水分により細菌が
繁殖するほか、髪が濡れたままだとキューティクルが開いた状態になってしまい、パサついてしまいます。

髪を守るヱブリーミズトにできる事
https://la-bote.com/archives/2599

ラボーテからのリンク情報
https://la-bote.com/archives/news/  

■髪のカウンセリング
髪の状態は・毛先ブリーチでパサパサ
施術コースは・縮毛矯正「しっとり」コース
■エブリー1液塗布 塗布方法は毛先中心の塗布方法
前処理は・CMCベース+エブリーエブリートリートメント (20%)
施術方法・リタッチ根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く
■放置時間(予備テスト用にロットを巻きます。1から1.5倍のカールがベストです。)
放置方法・ブリーチ毛 根元施術後(CMC+エブT(30%~)4.タオルターバンのみ。
放置時間・自然放置45分
■アイロン方法・ワンスルーアイロン
■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
■エブリーの縮毛矯正で艶感しっとり感がアップされました。

関連記事

  1. 紫外線のダメージから髪を守るには。

  2. 髪質を改善しながらの縮毛矯正

  3. 髪のツヤが減る原因

  4. 白髪染めとヘアカラーの違いって?

  5. 美容室のヘアカラーと市販のカラーの違いは何でしょうか。

  6. ハイライト(メッシュ)の入った髪には.