アイロン蓄積したダメージ

アイロン蓄積したダメージ


が与える髪の毛への変化とは?
原因は毎日のヘアアイロン
縮毛矯正?毎日のアイロン?
★アイロンで傷んだ髪は切るしかありません
矯正しますと必ずガサガサになる場合があります。
そのダメージの蓄積の二次被害はたくさん
アイロンが効きにくくなり効きを良くさせようとする
行為がダメージを加速させる
湿気を吸いやすく髪の毛が変化するのでより湿気に弱くなる
パーマ 縮毛矯正がかけられなくなる
カラーの色持ちが悪くなる
トリートメントの付きが悪く効果を発揮しない
熱特有のダメージで髪の毛が炭化(硬くなる)ガサガサに
いかなる手段も用いても再生は不可

関連記事

  1. 自己再生しないってホント?

  2. タオル地の枕カバーは。

  3. 人の人生に寄り添って

  4. 30代のヘアケアとは

  5. 傷んだ髪は◯ ◯ 。。。「しっとり」コース

  6. エブリー新メニュー(髪本来の柔らかさの髪質に)「スリムサラ」…