冷風と温風

冷風と温風
ドライヤーテク

予約サイト https://reserva.be/labote

店舗案内  https://la-bote.com/?p=31181

スタイル    https://la-bote.com/archives/31424

髪を温風で乾かすのは普通ですが
逆に髪を痛めてしまう原因にもなるかもしれません
上手く使ってほしいのがドライヤーの冷風です
髪に艶が出るんです。
髪の毛のキューティクルというものは、
温風を当て続けていると開きっぱなしの状態になって
温風のみで乾かした髪は、
キューティクルが開いたパサパサの髪質になりやすくなっています。
ドライャーにおいても違いが有りますが
熱風でしっかり乾かしスタイリングしてから
冷風をあててあることをおすすめします。
冷風の当たった髪はキューティクルが閉じて、
髪の表面にツヤがでてきますよ。

関連記事

  1. 髪のうねりがあるとツヤが出ません。

  2. 皮の財布の修理依頼が!

  3. 髪は死んだ細胞!?

  4. パサパサを改善するポイントは

  5. 縮毛矯正やカラーの市販薬とそのリスク

  6. エアコンはなぜ悪い?