縮毛矯正は同じ人にやってもらうべき

縮毛矯正は同じ人にやってもらうべき
縮毛矯正はお店や担当者によってやり方が違います。
負のスパイラルに陥る前に。
縮毛矯正は髪の元々の状態によって結果が変わります。
矯正は一度で100パーセントを求めるのではなく何度か通って施術するた
びに髪をすこしづつ改善しくれる美容師さんに担当してもらうことです。
縮毛矯正はきれいにかかっていれば半年たってもずっといい状態です。
■1度ダメージのかかった髪は、特にアイロンどんなことをしても絶対に治りません。
 ダメージの有る方は方は矯正施術後ののカットがお勧めです。
■痛みのひどい方は根元のみの施術で年間とうして少しずつカットしながらの施術がお勧めです。  

■髪のカウンセリング
 施術コースは・縮毛矯正「しっとり」コース
 髪の状態は・パサパサ毛
ダメージ:★★★★☆
クセの強さ:★★★★☆
髪の強度:★★★★☆
■エブリー1液塗布ベース塗布 毛先の状態で塗布量調節します。
 CMCベース+エブリーエブリートリートメント (20%)
 CMCバランス+粒子の細かいトリートメント(20%)
施術方法・根元~多目塗布~白気味に塗布
■放置方法・ 2.タオルターバン後キャップで自然放置。
 放置時間・自然放置45分
■アイロン方法・ワンスルーアイロン 
■後処理・疎水化トリートメント
■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
■エブリーの縮毛矯正で艶・しっとり・サラサラ感がアップされました。

関連記事

  1. どうしてなぜクセになる。

  2. 髪を傷めないアイロン温度とは?

  3. 全体にファファした毛質です。

  4. それってなに???

  5. ルフカラーがなぜ。

  6. 美容師は「剤」がないと何も出来ない