加齢の薄毛を防ぐ

加齢の薄毛を防ぐ


加齢による薄毛が心配です。
今からでも出来る事があります。
薄毛や生え際の後退と年を重ねるにつれて多くの方が持つ
お悩みひとつです。
また、男性だけの問題ではありません。
女性の髪の密度は20歳、太さは35歳がピークでそれ以降は下降
線をたどります。
日頃から気をつけられる加齢の薄毛を防ぐには。
目の疲れを放置しないこと。
目を酷使する方は頭皮がむくみやすい傾向にあります!
目が疲れる→頭皮がむくむ→頭皮の血流が悪くなる→健康な髪の毛、
毛根がつくられない
いい方法があります。


ホットタオルを使って目元をあたため目の疲れをたまにとる。
目線を遠くを眺める、黒目をぐるぐる動かしてみたりと目の疲れを和
らげてあげます。
首や肩の疲れを放置しない
目の疲れと同様に首や肩の疲れは頭皮への血流を悪くしてしまいます
日常的に気付いた時などにお風呂上がりの血行が良くなっているとき
やテレビを見ながらなどストレッチや軽くマッサージをします。
過度なダイエットはしない


薄毛や生え際の後退にはホルモンバランスが関係している事もあります!
極端に食べる量を減らしてしまったり同じものばかりをたべるダイエット
はやめてバランスの良い食生活をする
一番は頭皮環境を整えることが薄毛予防の第一歩となりますよ。
頭皮環境を整えると言うことは“育毛”に大きく影響します。
今日からでも始められることばかりですのでご参考にしてみてくださいね。

初めての方 ご紹介の方 2回目以後の方予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
●縮毛矯正後のシャンプーの注意点
→ https://la-bote.com/?p=2780&preview=true
●髪の摩擦を軽減するシルク枕カバーとは
→ https://la-bote.com/archives/1318

■髪の状態は
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★★☆☆☆
■施術コースは・縮毛矯正「しっとり 」コース
塗布方法・2.根元~多目塗布~白気味に塗布
放置方法・5.ラップキャップで自然放置。
放置時間・50分放置

関連記事

  1. 傷んだ髪それは空洞化 2

  2. ダイエットのお話☆「しっとり・サラサラW」コース

  3. シャンプーは 1

  4. ビビり毛は直らない。

  5. 梅雨と猛暑の髪を。

  6. 髪の毛のケアや予防法 っていう