傷んでしまった髪にツヤを取り戻す方法 

傷んでしまった髪にツヤを取り戻す方法

髪の毛の成分が殆どタンパク質でできていることをご存じですか?
ドライヤーの熱やコテなどで傷んだ髪は、”修復機能を失くした、死んだ細胞”と呼ばれているんだとか。そのようになってしまった細胞を復活させ、尚且つツヤツヤにするにはどうしたら良いのでしょうか?
髪の内部には毛根の栄養が届く
髪の表面はキューティクルで覆われていて、これが髪のツヤツヤ加減を左右しています。そして髪の内部は85~90%がコルテックスと呼ばれるもので出来ていてタンパク質の一種、ケラチンが主成分です。
キューティクルは細胞自己による修正は難しいようですが、内部のコルテックス部分は毛根から栄養が届くそうなので、ケラチンが増えるようなお食事や頭皮を清潔にしておくことが必要と言えそうです。
美しい髪づくりにおける方法
タンパク質をしっかり食べるのではなく補う
タンパク質は食べ物の成分としてでなく、シャンプーやトリートメント、スタイリング剤などの成分としてのことです。タンパク質主体の成分が豊富か否かで選んでみましょう。加水分解コラーゲン、加水分解シルク、ヒアルロン酸、アミノ酸などと表示された商品を選ぶと良いでしょう。
キューティクルを守る
キューティクルは一度はがれてしまうと修復ができないので、切ってしまうか、ひどくならないうちにトリートメント剤のコーティングが必要となってきます。
あまりに悪化してしまった場合は前者を選択する方が多いのではないでしょうか。キューティクルの表面はタケノコの皮のようになっているので、それを接着させる成分であるセラミド、細胞膜複合体、天然保湿因子といった成分が入っている商品を選んでみて下さい。

CMC ベース使用です。
ノンシリコンで重い仕上がりそは逆に素髪の軽さ、柔らかさを感じます。
塗布した瞬間からトリートメント成分が髪になじむ感覚に。
温めることでしっとり、柔らかさがあります、ドライャーで少し乾かします。
CMCは最も重宝されるのはカラー、トリートメント、矯正時に発揮します。
トリートメントが吸収されたままの髪の仕上がりりがよく最高のフカツヤが。
より浸透させるためには・・・・・・です。

CMCを塗布した後丁寧にコーミングを繰り返しします。
これでツヤ、手触りがよくなるのが特徴
ドライは10%からクセの強さでドライで調節。
仕上げは100%ブロードライで。
CMC2倍塗布コーミングします最高の仕上がりは完全ドライが。
ドライ後最高のツヤ、定着を・・・・。
ハリコシが出すぎの髪質は・・・・。

髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です
ヱブリー矯正剤
■髪の状態   多毛で健康毛 ボブにカットです。
■施術方法 髪の状態で基本的には7パターンの塗布方法が有りますが塗布は感覚です。
■前処理 ダメージの補修 CMCで保護
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
■塗布方法 根元~多目塗布~白くなるように塗布
■放置時間 加温25分 自然放置25分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。
失敗は何故こうなるのか?仮説を考えることから始まります。
物理的損傷毛と化学的損傷毛では対処する質の種類も違います。
■矯正の失敗には薬の還元軟化しすぎ、逆に還元軟化不足、物理的損傷等があります、
ほとんどが適正還元軟化で薬品の効き方の過不足状態です。
■注意は
薬液の浸透の不足状態も、オーバー(軟化)状態も判断がでること。
ヱブリーでもオーバー軟化する時も有り。
大切なのは髪の状態を見ることと適所、適剤量、適正な還元(導入)をして下さい。
まずは。
クセ髪の状態と場所と髪の状態にあった薬剤量を適切に(前処理も大切)です。
目で手でその髪状態を見極めること。
髪に見合った薬剤量を選択すること。
薬剤を塗布して、その還元乳化効き具合)髪の状態をみられる事。

関連記事

  1. ■潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー

  2. 湿度とは、

  3. いよいよ冬が来ます。

  4. 私たちはお客様を綺麗にして喜んでもらう事が仕事ですが

  5. 梅雨の湿気で広がる髪はどうすればいい?

  6. もっとしっとりしなやかに。お客様の髪を大切にいたします。