あけましておめでとうございます。

毛乳頭■予約の取り方はお知らせをご覧ください。

毛髪の根本部分にあるる皮膚の一部であり、毛髪に信号を伝える神経が通っていたり、毛髪が成長するために必要な栄養素を送ったりしている部分です。
毛髪の成長に必要なアミノ酸やビタミンなどの栄養素は、頭皮の毛細血管を通って毛乳頭まで運ばれてきます。そして、毛乳頭から毛髪の根本になる毛母細胞へ受け渡されます。
皮脂腺
毛髪と頭皮を保護するための皮脂を分泌するための部分です。
皮脂は、毛穴や頭皮で雑菌が繁殖したり、水分が失われて乾燥したりするのを防ぐ働きがあります。
そのため、適度な量の皮脂は、毛髪にとってなくてはならないものです。
皮脂の量が多すぎたり、溜まった皮脂をそのままにしておいたりすると、反対に毛髪を弱らせる原因となります。

山形の○○さん。先日はありがとうございました。

とても楽しいお話、お時間を過ごすことができました。山形は雪が多いと思いますがよいお年だと思います。寒さが増します皆様にとっていい一年ででありますように。お体ご自愛ください。

髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です
ヱブリー矯正剤
■髪の状態 毛先が乾燥でカサカサしています。根元強いクセ、カラー毛。
■施術方法 髪の状態で基本的には7パターンの塗布方法が有りますが塗布は感覚です。
■前処理 毛CMC塗布ドライごシャンプー毛先はCMC+Tダメージの補修保護多めと塗布
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く(点々塗布スルー)
■放置時間 加温25分 自然放置20分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。

CMC ベース使用です。
ノンシリコンで重い仕上がりそは逆に素髪の軽さ、柔らかさを感じます。
塗布した瞬間からトリートメント成分が髪になじむ感覚に。
温めることでしっとり、柔らかさがあります、ドライャーで少し乾かします。
CMCは最も重宝されるのはカラー、トリートメント、矯正時に発揮します。
トリートメントが吸収されたままの髪の仕上がりりがよく最高のフカツヤが。
より浸透させるためには・・・・・・です。

関連記事

  1. 梅雨の湿気で広がる

  2. 傷んだ髪それは空洞化 1 

  3. どうしてなぜクセになる。2

  4. カラーリングは薄毛になる。

  5. ヘアアイロンを使用する前に!

  6. パサパサ髪からツヤツヤ髪にしたい