髪の毛の静電気

■ラ・ボーテのHPからの予約方法はお知らせをご覧ください。                                                                    髪の毛の静電気

髪の毛で起こる静電気について
ブラッシングで静電気が発生するのは髪の毛がよほど傷んでいる証拠
外出時の頭の静電気は衣類が擦れたできたものも髪の毛に集まっている
帽子などは摩擦になるので避ける
すでに痛んだ髪の人は、潤いを守るためのヘアケアが必要になって来るので
はないでしょうか?
摩擦で髪が。
普通睡眠中でのねがいりは20から30回ぐらいするそうです。
そこで髪に摩擦が起きて枝毛、切れ毛がおきます。
枕の選び方が大切です。タオル地の枕カバーが普通にとかっていると思いますが。
非常にタオル地は摩擦が起きやすいです。
それは枕の素材が違うと髪への摩擦が違います。枕の繊維が硬いと髪に対して摩擦が大きいです。絡まる度合いも大きく枝毛、切れ毛になりやすいです。
摩擦が大きいのはタオル地繊維が硬いのも原因です。
なるべく使用は避けたいものです。                                                                                           髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。                                     ヱブリー矯正剤
■髪の状態 毛先のカラーの退色が目立ち乾燥しています。
■施術方法 フカサラコース
■前処理 毛先はCMC+Tダメージの補修保護
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。CMC多め塗布毛先 根元~多目塗布 うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間 自然放置 45分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。                                                                                施術前に前処理するのは何か理由が?
髪の潤い補給だけでなく、あらかじめ髪の状態を整えておくことで、矯正の仕上がりが変わって 毛先までツヤ、伸び具合しっかり定着したりという効果もあるんです。
後にやってしまうと、ツヤ、潤い出にくいなど逆効果になることもあります。
色々な施術があると思いますが、保湿効果のある物や、ケラチンのハリ・コシアップのトリート
メントを使っているところが多いでしょう。
矯正前には何種類かを使うんですが、まずは
お客さんの髪の状態を見て決めていきます。
全体の痛み具合、毛先の状態、乾燥の髪質とにより施術前の前処理です。

関連記事

  1. まずは髪のはね直しは根本からドライ!

  2. 摩擦が髪に悪い。

  3. お悩みちりつき・強いうねりもお任せください。

  4. 髪が傷む!には理由があるんです!

  5. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正

  6. 縮毛矯正の今!!