スタイリングにアイロンを使う 2

ベースメイクで髪の内面から綺麗に!!
スタイリングにアイロンを使う 2
ブローである程度スタイリングしてから仕上げにアイロンと言う感じにすると、ある程度温度は高くてもかまいません(髪の状態によりますが120度くらいが限界です)
髪のたんぱく質は、濡れている状態では60度くらいからタンパク変性を起こしやすくなり傷むという事です。
強度も弱い状態にあります。これが乾くにしたがって、髪の強度は上がってきますし温度抵抗も強くなります。
乾くと100度~150度くらいまで大丈夫です。
その傷み状態でかなりの差があるという事。
スタイリングと言う点では、保湿保護により、しなやかさを持っている状態のスタイリングは逆に温度が低くてもスタイリングが出来ます。

グラフィーでの施術ラ・ボーテお客様の予約方法は
縮毛矯正・髪質改善矯正専門店 銀座
店名 Kiseki PRODUCE by yutaka mizuno
★月~水曜日 よろしくお願いいたします。
お知らせの予約サイトの reserva よりご予約下さい。
★ラボーテの料金にプラス1000~2000円程度になります

関連記事

  1. 果たして枝毛は修復できるでしょうか?ウソ・ホント「サラサラ-…

  2. R)涙のシャンプ―

  3. 強い紫外線で髪がボロボロ……

  4. Kiseki PRODUCE by yutaka miz…

  5. 髪が湿気でまとまりません!!2

  6. フケとは?高円寺での予約は可能です