睡眠中の髪のダメージ.

ベースメイクで髪の内面から綺麗に!!
睡眠中の髪のダメージ.

睡眠中の寝返りはかなりの運動量です20回から30回の寝返りが。
まくらと髪の間で起こる摩擦が、ダメージの原因になります。
硬い枕は避けシルクキャップ又はシルクの枕に変えてみては摩擦がなくなり保湿効果もありますまた、髪が濡れている状態はキューティクルがはがれやすく傷きやすいので、髪はきちんと乾かしてからお休みください。
髪を濡れた状態のまま寝ないなことです。

関連記事

  1. デスクワークと髪の関係は?「カラー+しっとり・サラサラ-W」…

  2. お母さまからの紹介です。

  3. シャンプー剤

  4. 年齢の変化と共に髪も変化する

  5. 頭皮マッサージで髪で健康髪に。「サラサラ-W」コース

  6. 高温で乾かすはもう古い?