髪そのものの状態を改善

髪そのものの状態を改善

髪を洗う時は、どのようにしていますかいきなり髪にお湯をかけてはいませんよね?
髪はお肌と一緒で、とても繊細なのです。
シャンプーをする前にブラッシングで髪に着いた汚れを軽く取ります。
少し温度の低い湯で髪全体を濡らしていきます。
それからシャンプーに入ります。
シャンプーの後はしっかりお流しをして下さい。
シャンプー剤が頭皮に残っていると毛穴がつまり綺麗な髪が伸びにくくなります。
シャンプー後は必ずトリートメントですね。
ダメージの大きい毛先にしっかりと塗り込むことで、
切れ毛や枝毛を防ぐことができますよ。
髪が濡れている状態というのはとても傷みやすいので、素早く
ドライヤーで乾かすようにしましょうね。
ドライャーで髪の表面を乾かすのではなく、
なるべく地肌に近い部分にドライヤーの
風が当たるようにしてください。
髪の根元をしっかりと乾かすと、
髪の持つ癖やうねりを抑えることができます。
ひと手間かけたドライヤーで、
朝のスタイリングがグッと楽になります。

関連記事

  1. 縮毛矯正後のヘアケアが重要!

  2. 髪年齢を調べてみよう

  3. サラサラな髪の毛にするために

  4. タンパク質は?

  5. 過剰なケアによるダメージ

  6. ★幸せな人が絶対にしないこと。恨みつらみに執着する