ハイトーンカラーへの縮毛矯正の危険!!

ハイトーンカラーへの縮毛矯正の危険


この髪のレベルだと縮毛矯正は無理かもしれません。
起こりやいのはビビリとパサパサ クセが伸びないかも
お直しが効くのはクセが伸びない時の状態で
前者はやり直しがきかないからかなり注意が必要
今回のようなハイダメージ毛などの場合
施術の方法はかなり狭い間違えばビビリ?塗布のプロセスが大切。
ハイトーンカラーと縮毛矯正の相性は極端に悪く


施術の余裕がなく施術自体を断るお店も多いのではないのでしょうか?
中にはブリーチしててもパーマかけれます縮毛矯正できます!
との店があるのはご存知の事でか。
どうでしょうね?
縮毛矯正かハイトーンカラーかどちらを選びますか?
どっちか捨てたほうがいいのかもしれません。
綺麗な髪の毛を維持することはなかなか難しいと思います

la-boteエブリーの自然な縮毛矯正
潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正
進化した矯正は髪の強度を図りツヤ・サラサラ・しっとり感を作ります。
縮毛矯正「しっとり」コース
施術の所要時間は
https://la-bote.com/archives/2461
2回目の方の予約サイト 
https://reserva.be/labote

関連記事

  1. かけそば 2

  2. 正しいドライヤー(乾かし方ブログ参考にして下さい)

  3. 縮毛矯正の中でもツヤ感、質感にはこだわってきました。「しっと…

  4. 縮毛矯正のお薬色々あれど

  5. 素晴らしいお客様と出会いでした。「しっとり」コース

  6. 2.髪の毛を早く乾かす方法。