「夏も近づく八十八夜」

コロナウイルスについて → https://la-bote.com/archives/10267
今回は「しっとり・サラサラ-」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
施術難易度:★★★☆☆


そろそろ「夏も近づく八十八夜」こんな歌ご存知ですか?
この季節は新茶がおいしく召し上がれますね 美味しくて体にいい“新茶”
明治時代から歌い継がれて一般の人の手遊びの歌なんです。
では「八十八夜」っていつ後のことなんでしょうか
暦の上での八十八夜は立春より八十八日目を指し、
現在では五月二日(うるう年は五月一日)がそれにあたるんです。
八十八夜は春から夏に移る節目の日、で
夏への準備を始める縁起のいい日とされて来たようです。
これは「八十八夜の別れ霜」といって野菜が霜にかかりこの季節が過ぎ
気候的にも温暖なものでそれが「茶摘み」のイメージにも繋がったそうです。
お茶は4月に新芽が出始めて5月には一番茶がこれは新茶ですね。
お茶の縁起物だったそうです。お茶にはテアニンなどの成分が豊富で体にいい
とされてきました。
新茶に限らず元々お茶は体の健康を促進し、
心の安らぎや脳の働きにも良い影響をもたらしてくれる飲み物。
皆さんも日本人の“ソウルドリンク”であるお茶を、
もう一度見直してみてはいかがですか?
髪のも良いかも??

関連記事

  1. 縮毛矯正失敗による、ビビリ毛の修復☆茨木の牛久からご紹介のお…

  2. 縮毛矯正施術の難しさ!「サラサラ」コース

  3. 冬といえば乾燥の季節。「しっとり・サラサラ-W」コース

  4. こんなダメージのひとに縮毛矯正。。。減点法施術

  5. 3年ぶりのご来店です。「しっとり・サラサラ」コース

  6. 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー「しっとり」コース