髪のダメージ 2か月前に縮毛矯正の失敗です。前髪ガサガサ、根元折れどうして???ひどい!

エブリーの縮毛矯正で髪のダメージを補修

キューティクルが傷むと、手触りやツヤが低下し、
傷みが進行します。

◎ラインでの予約ができます。

予約サイト https://beauty.kanzashi.com/labote
お知らせ(店舗案内)https://la-bote2.wixsite.com/sakura1951
メニュー     https://la-bote2.wixsite.com/la-bote
綺麗な髪はベースメイクから https://la-bote.com/?p=34351
新しい提案  https://la-bote.com/?p=32080
インスタグラム4627


健康な髪は、最表面が脂質でおおわれた
キューティクルが何層にも重なり合って、  
内側のコルテックスやメデュラを守っています。
ヘアカラーやブリーチ、パーマ、
太陽光に長時間さらされたり、毎日のシャンプーやス
タイリング時の摩擦などによって、
程度の差はあるものの、まず最表面が損なわれ、
表面のキューティクルがめくれあがっ
たり、はがれたり、キューティクル層の間に隙間ができたりします。
キューティクルの表面が滑らかでなくなると、
ますます傷みやすくなり、ツヤも低下していきます。
毛先に枝毛や切れ毛がみられることがありますが、
これは毛先ほど傷みが進み、
キューティクルがほとんどはがれ落ちてしまっている状態です。
キューティクルが損なわれると毛髪内部を守る
機能が低下してしまうので、同じお手入れを続けていても、
髪の内部のダメージが進行しやすくなります。

関連記事

  1. 絶対にしないこと!!

  2. 四季での髪の水分が失われる?

  3. 白髪の隠し方なんて?「サラサラ-W」コース

  4. 髪の毛の水分量ご存じですか ?

  5. シャンプー後のドライヤー1

  6. 綺麗な髪の毛を作るコツ